芸人とYouTuberの違いとは? お笑い芸人のYouTube活用について

芸能
この記事は約3分で読めます。

先日解散した雨上がり決死隊のことが多方面で話題となっているようです。
その解散のきっかけがYouTubeをめぐる葛藤だったということで、今回はお笑い芸人のYouTube活用について少し考えてみたいと思います。

傍から見ると、テレビで面白いことをするお笑い芸人もYouTubeで面白いことをするYouTuberも同じような活動に思えますが、内情は大きく違うのかもしれません。
具体的にどう違うのかと言うと、

お笑い芸人は笑いをとることが第一
YouTuberは注目を集めることが第一

ということです。

テレビで活躍するには、注目だけを考えて身勝手な行動をするわけには行きません。
そんなことをしたらスタッフの信頼をなくし、番組に呼ばれなくなるだけです。
逆にYouTubeで笑いだけを追求しても、見てくれる人がいなければ何の意味もありません。
YouTubeには無限に等しいレベルの動画があるわけですから、まずは注目を集めて多くの人に動画を見てもらう必要があります。
そしてYouTubeは再生数による収入が決まるので、面白いよりも話題性が優先される傾向があります。(評価も大切な指標の1つだが)

このように、同じ面白いことをするにしてもテレビとYouTubeではアプローチの仕方が全然違うのです。
特に近年はテレビ業界がコンプライアンスをやたらと気にしているので、自由な発想で動画が作られるYouTubeとの違いが尚のこと明確になってきました。
以上のことを踏まえると、テレビを中心に活動するお笑い芸人とYouTuberは同じような活動でも分かり合えない部分も大きいと思いますし、お笑い芸人はテレビとYouTubeを上手いバランスで活用しないと、どちら共で活躍することは難しいと思われます。

そしてこのことは、雨上がり決死隊の解散理由にも繋がっていきます。
YouTubeを初めて以降の宮迫さんは、YouTubeの理論である注目を集めることを優先しすぎた感が否めません。
それがテレビ側で働く側の人からすると癇に障るところもあったでしょうし、不義理な活動に見えたこともあったのでしょう。
蛍原さんの気持ちが離れていった最大の理由も、こういった部分かと思います。
むしろYouTubeの活動にあれだけ寄ったのなら、テレビには出ないぐらいの覚悟を持つべきで、『テレビ界に復帰するためのYouTube活動』という宮迫さんの理論は鼻から崩壊していたように感じます。

以上、お笑い芸人のYouTube活用について考えてみましたが、“お笑い芸人”の蛍原徹さんも“YouTuber”宮迫博之さんも末永く頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク
『エンタメ&スポーツを考えるブログ』の最新記事

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました