1億5千万超え! 日本のMV再生数ランキングトップ30+と日本音楽の将来

芸能
この記事は約7分で読めます。

およそ2年前に、アイドルを中心とした日本と韓国の芸能文化(主に音楽文化)の比較を悲観的な観点で記事にしました。

なぜ日本の芸能は韓国の芸能に負けたのか?
かつて、日本の芸能はアジア地域に大きな影響を与えていました。 『山口百恵』の歌が中国を中心としたアジアの国々で人気となったり、ドラマ『おしん』がアジア全体で高い視聴率を獲得したりと、日本の芸能分野がアジアで大きなヒットを生むことは...

しかし音楽界全体で見ると、そこまで悲観になる必要はないのかもしれません。

確かに現在のK-POPは世界中で人気を集めており、その人気は日本の音楽とは比較対象にならないようなレベルにまで達しています。
YouTube内のミュージックビデオ再生数でみると、BLACKPINKは『뚜두뚜두(DDU-DU DDU-DU)』(2018/06/15公開)の1,665,396,120回を筆頭に、日本の楽曲では1曲も達成していない10億再生を超えるミュージックビデオが4曲もあります。
BTS(防弾少年団)も、『DNA』(2017/09/18公開)の1,326,081,511回再生を筆頭に同じく10億超えが4曲です。
※2021年8月15日現在のデータ

ではここで、日本の楽曲におけるYouTube内のミュージックビデオ再生数ランキングを示したいと思います。
※カバーや歌ってみた的な動画を除いた正規ミュージックビデオのみのランキングです。
※再生回数の調査時期は表外の楽曲を含め全て2021年8月15日未明です。

順位 再生数 曲名 アーティスト名 公開日
1位 692,394,838 Lemon 米津玄師 2018/02/27
2位 500,276,823※ PPAP(ロングバージョン) ピコ太郎 2016/10/28他
3位 445,663,313 打上花火 DAOKO × 米津玄師 2017/08/10
4位 371,820,420+※ 夜に駆ける YOASOBI 2019/11/16
5位 358,778,266 白日 King Gnu 2019/02/28
6位 330,269,759 Pretender Official髭男dism 2019/04/16
7位 294,973,571 アイネクライネ 米津玄師 2014/04/01
8位 279,953,228 LOSER 米津玄師 2016/09/15
9位 271,573,305※ パプリカ Foorin 2018/07/19他
10位 269,217,258 Make you happy NiziU 2020/06/30
11位 263,833,825 前前前世 (movie ver.) RADWIMPS 2016/08/19
12位 251,720,079 マリーゴールド あいみょん 2018/07/18
13位 239,257,470 U.S.A. DA PUMP 2018/05/17
14位 235,674,664 星野源 2016/09/20
15位 229,962,191 ピースサイン 米津玄師 2017/06/08
16位 217,174,997 灰色と青( +菅田将暉 ) 米津玄師 2017/10/10
17位 208,146,987 LiSA 2020/10/13
18位 207,076,069 恋するフォーチュンクッキー AKB48 2013/10/30
19位 199,278,509 ようかい体操第一 Dream5 2013/07/16
20位 189,458,975 RPG SEKAI NO OWARI 2013/04/23
21位 180,330,988 The Beginning ONE OK ROCK 2012/08/15
22位 178,173,841 PONPONPON きゃりーぱみゅぱみゅ 2011/07/16
23位 169,371,158 まちがいさがし 菅田将暉 2019/06/04
24位 168,806,914 うっせぇわ Ado 2020/10/23
25位 167,550,772 馬と鹿 米津玄師 2019/09/03
26位 165,731,096 ヘビーローテーション AKB48 2010/09/08
27位 162,643,371 新宝島 サカナクション 2015/09/26
28位 162,397,811 サイレントマジョリティー 欅坂46 2016/03/16
29位 159,702,783 Flamingo 米津玄師 2018/10/20
30位 158,636,735 MR.TAXI※ 少女時代 2011/04/25
31位 158,590,264 感電 米津玄師 2020/07/10
32位 158,479,409 R.Y.U.S.E.I. 三代目 J SOUL BROTHERS 2014/05/16
33位 156,610,565 廻廻奇譚 Eve 2020/11/20
34位 156,533,667 orion 米津玄師 2017/02/02
35位 150,802,590 香水 瑛人 2019/05/28

※『PPAP(ロングバージョン)』は、ピコ太郎の個人チャンネルで公開された102,886,757回再生のミュージックビデオと海外のレコード会社チャンネルで公開された397,390,066回再生の同様のミュージックビデオがあるので合算させました。(143,356,251回再生のショートバージョンは合算していません)
※『夜を駆ける』は、241,820,420回再生と1億3000万回再生超えの2つミュージックビデオを合算させていますが、後になってから1億3000万超えのミュージックビデオの存在に気付いたの正確な再生回数はわかりません。
※『パプリカ』は、225,828,434回再生のダンスバージョンのミュージックビデオと45,744,871回再生の世界観バージョンのミュージックビデオを合算させました。
※『MR.TAXI』は、韓国人アーティストによる日本向けの楽曲です。

日本のミュージックビデオ再生数はK-POPのトップレベルに比べると大分少いですが、一方で純粋なアーティストのミュージックビデオに人気が集中していることが伺えます。
また、米津玄師さんを除くとTOP30内に複数ランクインしているのはAKB48しかなく、人気が分散していることも分かりました。

K-POPの場合は、一部のアイドル的なダンス&ボーカルグループに人気が集中する傾向が強いようです。
こういったグループはビジュアルなども含めて人気を得るため、映像込みのミュージックビデオ再生数も増えやすくなることは当然です。
また、アイドルは純粋なアーティストよりもファンが熱心になりやすいもので、日本でもAKB48の選抜総選挙で投票券のついた同じCDを何枚も買う人が多数いたことは有名な話です。
中には推しメンという自分の好きなメンバーに投票するために数百万円もの大金使うファンもいたほどで、そういった姿がテレビなどで度々放送されていました。

一方、K-POPのファンは自分が好きなアーティストのミュージックビデオの再生数を稼ぐことに価値を見出しているようで、以下のように多数の機器を使い再生数稼ぎをしているそうです。

当然、再生数が上がれば注目度も上がり、さらに再生数が増えるとうい好循環を生み出します。
アメリカにおける楽曲売り上げの指標であるビルボードチャートがYouTubeの再生数を考慮していることもあり、K-POPファンはYouTube内のミュージックビデオの再生数稼ぎに余念がないようです。
未だにCD購入の特典である握手会に時間とお金を浪費している日本のアイドルファンとは大違いです。

そして日本ではアイドル的なグループへの音楽的な評価(再生数)が低く、ミュージックビデオの再生数が多いのは上記したランキング通り本格的な歌手のほうとなっています。
中には一切顔を出さずに、完全に楽曲だけで勝負するアーティストも高い人気を得ています。
上記ランキングでは、24位のAdoさんが一切顔出ししないアーティストとして有名です。
ランキング外では、ヨルシカの『ただ君に晴れ』(2018/05/04公開)が140,658,793回、『だから僕は音楽を辞めた』(2019/04/05公開)が113,375,723回、『言って』(2017/06/28公開)が101,524,173回と、それぞれ1億再生を超えています。
SNSでは顔出しするものの、メディアでは顔出ししないというスタンスの美波さんは『カワキヲアメク』(2019/01/29公開)が126,775,688回再生です。
アイマスクとパーカーで顔を隠しながら人前に出るyamaさんは、『春を告げる』(2020/04/16公開)が84,418,714回再生と24,014,316回再生の2つのミュージックビデオがあり合わせて1億再生を超えています。
顔出しを完全にしていない“ずっと真夜中でいいのに。”は、『秒針を噛む』(2018/06/04公開)が98,797,730回と後もう少しで1億再生を超えです。
以上のように、日本には顔出しせずに楽曲の内容だけで勝負するアーティストが数多くおり、高い人気を得ています。
この顔出ししないアーティストが高い人気を得るという日本音楽界の状況は、世界的に見ても稀なようです。

現状、K-POPと日本のアーティストは国際的な人気に大きな差があります。
しかし、アイドルよりも本格的な歌手を評価し、顔出ししないアーティストに至っては純粋に楽曲の良し悪しを評価対象とする日本の音楽ファンは、将来の日本音楽界における大きな財産となるはずです。
そのため、日本の音楽が純粋な楽曲の良さでK-POPを超えるような世界的な評価を得る日も、そう遠くないと私は思っています。

スポンサーリンク
『エンタメ&スポーツを考えるブログ』の最新記事

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました