頭脳系競技

頭脳系競技

将棋棋士の社会性について(佐藤天彦九段ノーマスク問題の解説)

将棋棋士の佐藤天彦九段が、順位戦A級リーグという将棋界の最高レベルの対局でマスクをせずに反則負けになるという問題が発生しました。 この問題は一般人にはわかりづらい事情が多数重なっているので、少し説明したいと思います。 この件...
頭脳系競技

AbemaTVと将棋界に対する苦言

将棋という文化が長く続き、将棋のプロ棋士が収益を得られているのは、将棋が高い格式を持っているからです。 将棋のタイトル戦が有名なホテルや旅館で行われることは、将棋に詳しくない人でも将棋や将棋棋士に対して尊敬の念をもっているからに他...
スポーツ

eスポーツが盛り上がっている唯一の理由

近年、ビデオゲームを競技化した『eスポーツ』が大きな盛り上がりを見せています。 学校の部活として採用され大規模な大会を開いたり、関係者の中にはオリンピックの正式種目化を目指す人もいるそうです。 元々は子供の遊びだったビデオゲーム...
頭脳系競技

里見香奈女流の棋士編入試験から見える将棋界の問題点

棋士編入試験の資格を得た里見香奈女流四冠の動向が、将棋ファンの間で話題になっています。 将棋のプロには、男女を問わないプロ棋士(以下、プロ棋士という名前で統一)と女性に限った女流棋士(以下、女流棋士という名前で統一)の2種...
頭脳系競技

1三玉→3一金→9七銀にみる藤井聡太五冠の末恐ろしさ

現在、里見香奈女流四冠の編入試験に関することや将棋界に感じる問題の記事を書き進めているのですが、その前に昨日行われた第93期棋聖戦第2局『藤井聡太棋聖vs永瀬拓矢王座』の一局があまりにも驚愕の展開だったので、このことについて書いてい...
頭脳系競技

矢野杏奈選手のクイーン位挑戦が決定!!

昨日、競技かるたのYouTubeチャンネルで慶応かるた会の矢野杏奈選手がクイーン位の挑戦権を獲得したことを知りました。 私がこのブログ(旧ブログ)で競技かるたについて初めて言及したのは、2016年夏に行われた矢野杏奈選手と西牧真凛...
頭脳系競技

将棋棋士はYou Tube活動をやめるべき! 将棋界が目指すべきは閉ざされた世界?

前回の記事で大相撲界が開かれていないという問題を取り上げましたが、今回は同じ日本の伝統文化である将棋界(プロ将棋界)について、全く逆の観点で問題提起をしたいと思います。 ここ最近、将棋のプロ棋士がYou Tubeチャンネルを続...
頭脳系競技

藤井伝説はまだ序章に過ぎない! 藤井聡太棋聖が今後するであろう活躍について

将棋棋士の藤井聡太七段が、最年少でタイトル“棋聖”を獲得し、新型コロナウイルスの感染流行第二波が発生し混乱する日本で、あまり取り上げられないポジティブな話題として大きなニュースとなっています。 日本将棋連盟の佐藤康光会長などは、こ...
頭脳系競技

黒川弘務検察官の賭け麻雀問題・・・ 最大の問題は朝日新聞の記者が参加していたこと?

検察官の定年引き上げ問題で渦中の人となった黒川弘務東京高等検察庁検事長が、今月の月初めに賭け麻雀を行っていたと週刊文春により報道され大きく話題となっています。 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が出されている最中に麻雀をや...
頭脳系競技

将棋界にまた揉め事が!? 将棋棋戦の棋譜利用問題に関する解説と個人的な意見

現在、将棋界でちょっとした騒動が起こっています。 それは棋譜利用に関することについてです。 棋譜とは将棋の駒がどのように動いたかを示すもので、棋譜を見ることで将棋の勝負を再現することができます。 この棋譜を主催スポンサーが独占...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました