女芸人はなぜつまらないのか?

芸能
この記事は約3分で読めます。

『女芸人はなぜつまらないのか?』という、女芸人とそのファンから100%批判されるであろうタイトルを付けましたが、私がここで言いたいことは、お笑い賞レースにおける女芸人の活躍度の低さについてです。
具体的には、『M-1グランプリ』、M-1グランプリが休止中に行われていた『THE・MANZAI』、『キングオブコント』などといったお笑い界における大きなコンテストで、女芸人の成績が著しく悪いのです。(R-1グランプリは比較的女性が活躍している)
更に女芸人に限定したお笑いコンテスト『THE W』は、M-1グランプリやキングオブコントに比べて明らかに面白くありません。

ではここで、著名なお笑いコンテストにおける過去の女性コンビ決勝進出データをご覧ください。

M-1グランプリ:139組中3組(男女混合コンビ4組6回)
THE MANZAI:52組中0組
キングオブコント:108組中0組(男女混合コンビ2組)

このように、M-1グランプリやキングオブコントにおいて、女性芸人の活躍が著しく低いのは間違いありません。
女性の場合、ピン芸人が多いという事情を考えたとしても、この少なさは異常です。

この話、実はかなり単純な話なのかもしれません。
純粋な実力勝負の世界であるプロ将棋の世界において、女性の棋士は未だに誕生していません。
メディアなどに登場する女性の将棋棋士は、別枠で設けられた女性専門の女流棋士で、男女を別けていない本当の意味でのプロ将棋棋士は男性しかいないのです。
体力勝負のスポーツなら男女差があるのは当然ですが、頭脳勝負の将棋に未だ1人の女性プロ棋士も誕生していないということは、なかなか興味深い話かと思います。
このことは、男女における脳の違い的な部分も指摘されていますが、そんなことよりももっと根本的な部分に問題があるようです。
それは競技人口についてで、将棋をする人は圧倒的に男性が多く、女性の競技人口比率がかなり低くなっているのです。

これはお笑い芸人にも言え、お笑い芸人も圧倒的に男性が多くなっています。
つまり、女芸人がつまらないということは、単純に女芸人の少なさが要因と思われるわけです。
では、ここで2019年のお笑いコンテストにおけるエントリー数を見てみましょう。

M-1グランプリ:5040組
キングオブコント:2431組(プロ限定)
THE W:606組(人)

以上のエントリー数を見れば、『THE W』を見終わった後にM-1グランプリやキングオブコントよりもつまらない感じてしまうのも納得できます。
単純に考えて、5000組から厳選された10組と600組から厳選された10組でレベルが違うのは当然の話です。
1人だけなら特出した人物が現れる可能性もありますが、10組が出場する決勝大会(テレビ番組)を見るとレベルの違いは明らかとなり、『THE W』は女芸人のつまらなさを目立たす存在になってしまっているようです。

この状況を打開するには、お笑い芸人の女性比率を男性と同じレベルまで引き上げる必要がありますが、それはそれで難しく、やっぱりお笑い芸人は男の世界なのかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました