悪化する日韓関係についてトランプ大統領が仲裁? アメリカの思惑と日韓の対応予想

政治
この記事は約2分で読めます。

アメリカのトランプ大統領が、日韓の対立について仲裁する用意があると、記者の質問に答える形で表明しました。
トランプ大統領は、アメリカと中国が経済的に対立している中で、日韓が対立している状況は好ましくないと考えたものと思われます。
また、万が一でも韓国の半導体生産が滞ると、世界の経済に大きな悪影響を与えると考えたのかもしれません。
いずれにせよ、日韓の対立は中国の台頭を招く結果になるとの判断が背景にあったのでしょう。

しかし、今回トランプ大統領が言及した仲裁は、

・日本が韓国に対して行った輸出優遇措置解除に関する貿易問題だけなのか
・徴用工(募集工)問題まで含めてなのか

現時点では、まだハッキリしていません。

トランプ大統領が仲裁の意向を示したことが、貿易問題に起因していることは間違いないでしょう。
アメリカからしたら、徴用工(募集工)の問題など一切関係もなければ興味もない出来事です。
しかし、日本側からすると貿易問題だけの仲裁は到底受け入れられません。
徴用工(募集工)問題まで含めた仲裁であるのなら、韓国も日本側が提案した第3国による仲裁を断っておきながら(正確には無視しておきながら)、アメリカの仲裁に応じるのでは道理が通りません。
このように、現在の日韓関係については、アメリカであっても簡単に仲裁できる問題ではなくなっています。

とはいえ、日韓両国ともアメリカに対しては大きく出ることのできないお国柄なので、アメリカが仲裁をすると言ったら受けざるを得ないものと思います。

トランプ大統領は非常にクセが強い人物だけに、日韓関係は余計先が読めない展開に陥っていくのかもしれません。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました