現在日本における韓国芸能界の影響

芸能・エンタメ
この記事は約3分で読めます。

前回、前々回と、海外の反応サイトでも大きな話題となる韓流ブームやK-POPの問題について考えてきました。
今回はその最後の検証となる日本における韓国芸能界の影響について考えていきます。

現在の日本で本当に韓流ブームは起こっているのか?
ここ最近、韓国系の海外の反応サイトで、現在の日本で第4次韓流ブームが起こってるというという話をよく目にしますが、このことについて日本人的に大きな違和感を感じます。 ということで日本の韓流ブームについて考えていきますが、まず初め...
なぜ現在の日本でK-POPブームが起きないのか?
前回の記事で現在の日本における韓流ブームという問題を取り上げ、日本では第3次韓流ブームも第4次韓流ブームもほとんど起こっていないとの結論に達しました。 では、なぜ日本で韓流ブーム、特にK-POPブームが起きなくなったの...

前々回のブログでは、現在の日本で韓流ブームなど起こっていないと書きましたが、韓流の影響がないかと言われれば嘘となります。
先日、NHK紅白歌合戦の出場者が発表されましたが、その中でもっともメディアに注目されたのは『NiziU』という今年誕生した女性アイドルグループです。
この『NiziU』は、メンバーが全員日本人(1人は日本とアメリカのハーフ)ながら韓国の芸能事務所に所属しているグループで、楽曲も韓国人から提供されています。
言うなれば、日本人によるK-POPグループといったところです。

こういった現象はかつての日本の芸能界ではほとんど見られませんでした。
これが意味することは、日本と韓国における経済や音楽市場の格差が相当縮まってきているということです。
一昨年には、AKB48グループのメンバーがオーディションに多数参加して誕生した『IZ*ONE』というグループも生まれ、こちらは普通にK-POPグループとして韓国を主体に活動しています。(メンバー12人中3人が日本人で9人が韓国人)
昔なら『NiziU』を生んだオーディション番組『Nizi Project』も含めて、このような企画は日本側が主体となって行っていました。
しかし現在は、韓国側が主体となっているケースが多くなっているように感じます。
『IZ*ONE』に関しては、グループトップクラスの人気を誇った宮脇咲良まで差し出す形となっており、既に韓国の芸能界が日本にかなり侵食している様子が伺えます。

かつて、日本の芸能界には東アジア各国から多くの歌手が活動の場を求めてやってきていました。

ジュディ・オング(台湾)
欧陽菲菲(台湾)
アグネス・チャン(香港)
テレサ・テン(台湾)
チョー・ヨンピル(韓国)
桂銀淑(韓国)
ビビアン・スー(台湾)
インリン(台湾)
BoA(韓国)

などなど、例を上げたら切りがありません。
こういった人たちのほとんどは、日本の音楽会社や芸能事務所が主体となって活動を支えていました。(早い話が、日本企業が儲かる形となっていた)

しかし現在は、日本の芸能人が活動の場を求めて韓国に行くケースが目立っているそうです。
AKB48や乃木坂46といった日本で著名なアイドルグループのメンバーも、卒業後に韓国に渡りK-POPグループに加入する例が増えてきているそうなのです。
まだ音楽市場は韓国より日本のほうがだいぶ上ですが(国民1人換算しても)、上記の状況を踏まえるとアイドルグループの分野では既に『韓国>日本』という理解が日本側にも浸透しているのかもしれません。

以上のように、現在の日本の音楽市場(特にアイドル分野)は、世界中で勢いを付けつつあるK-POPグループやその芸能事務所、または韓国の音楽制作者などが、いつ大きな波を起こし呑み込んでもおかしくないような状態となっています。
こういった状況に対し日本の芸能界がどういった動きを見せるのか?
そういった部分も含め、今後の動きに注視していきたいと思います。

スポンサーリンク
『アンサー海外の反応』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました