歴史

社会

天皇制についての議論促進! 女系天皇を認めなければ天皇制の維持は不可能なのではないか?

来年の4月30日で『平成』が終わるということで、今年は何かと『平成最後の○○』という言葉が使われました。 このことが示すことは、平成天皇が譲位するということです。 平成天皇が2年前の夏に譲位の希望を表明した後しばらくは、天皇に関する議論...
歴史

シリーズ日本の第二次世界大戦⑦ 東京裁判と日本の戦争犯罪人

シリーズ日本の第二次世界大戦の最後は、日本の第二次世界大戦における犯罪行為を裁いた極東国際軍事裁判、通称『東京裁判』について書いていきたいと思います。 東京裁判は、個別の戦闘行為における犯罪行為というより、戦争全体を主導したものたちを裁く...
歴史

シリーズ日本の第二次世界大戦⑥ ソ連参戦と北方領土問題

現在、日本と韓国の間には竹島という領有権をめぐる問題があることは皆さんもご存知でしょう。 この竹島は、岩礁なのでそれほど大きくなく面積は0.21k㎡となっています。 一方、ロシアとの間で生じている領有権問題の対象地『北方領土』は、面積5...
歴史

シリーズ日本の第二次世界大戦⑤ 原爆投下と無条件降伏

第二次世界大戦において、日本にとっても世界にとっても歴史的な大きな事柄となっている広島と長崎への原爆投下。 今回はこのことについて考えていきます。 現在における国際的な原爆投下の意味は、『アメリカが日本との戦争を終わらせるために原爆を落...
歴史

シリーズ日本の第二次世界大戦④ 沖縄戦と現在の沖縄

前回の真珠湾攻撃から話は一気に飛んで、今回は太平洋戦争における沖縄戦について書いていきます。 戦争における1つ1つの戦いの中身は、軍事専門家でもない限り深く掘り下げる問題ではないと思いますので、日中戦争・太平洋戦争の各戦いについて今回の『...
歴史

シリーズ日本の第二次世界大戦③ 真珠湾攻撃と当時のハワイ

太平洋戦争の開戦となった真珠湾攻撃は、世界的に日本海軍による奇襲作戦だったとされています。 そして太平洋戦争における日本の主要な相手国だったアメリカは、『リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)』を合言葉に日本と戦っていくのです。 ...
歴史

シリーズ日本の第二次世界大戦② アメリカの参戦とハル・ノート

前回も書いた通り、日本は満州事変以降、中国(中華民国)での戦火を拡大し国際的に孤立していきます。 1931年:満州事変勃発 1933年:国際連盟脱退 1937年:日中戦争勃発 1940年:日独伊三国同盟締結 このように、1931年...
歴史

シリーズ日本の第二次世界大戦① 満州事変と軍の暴走

今記事から『シリーズ日本の第二次世界大戦』と題して、7回連続で第二次世界大戦に関する記事を書いていきます。 その1回目は、日本が第二次世界大戦期の戦争に参加する全ての発端となった満州事変と、その満州事変に至った軍の暴走について考えます。 ...
国際

中国の台湾(台湾本島)統治にみる尖閣問題

日本と中国の間で尖閣諸島の領有権を巡って揉め事が起きていますが、今回はこの件について、中国の台湾(台湾本島)統治の歴史から問題を探ってみたいと思います。 まず、台湾は17世紀に入るまで国としての統治はされず、いくつかの原住民が...
国際

中国によるチベット人やウイグル族への同化政策と、日本が行ったアイヌ民族への同化政策の比較

現在、中国の自治区となっているチベットは、中国人の大多数を占める漢民族の支配が強まってきているそうです。 ウイグル族の支配地域だった新疆ウイグル自治区はもっと悲惨な状況で、漢民族の移住がかなり進み、既に自治区内の住民40%以上が漢民族とな...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました