方言を使うことの本当に良いことなのか? 方言を直そうとしない関西のメディアについて

文化
この記事は約2分で読めます。

日本には方言に対してとてもポジティブな風潮がありますが、私はこの考えに懐疑的です。
話し言葉として方言を話すことは全く問題はないのですが、テレビなどのメディアで方言を使うことは気を付ける必要があるでしょう。
バラエティ番組などはいいとして、報道や情報番組の司会者が方言を使うことは問題があるかと思います。

実際には、地方局であっても情報番組の司会者などはほとんど場合で標準語を使います。
しかし、一部地域では方言バリバリの情報番組司会者が存在しているのです。

それが関西圏です。

関西では、堅い番組などでも司会者が平気で関西弁を話すことが多々あります。
関西ローカルの番組で、見ている人が関西人なのだから別にいいと思うかもしれませんが、言語の統一は国家統一に関する重要な問題です。
言葉が通じなければ国民の意思疎通ができないわけで、国民の根本的な考えが分断しやすい状況に陥ります。
だからこそ全国のアナウンサーたちは、できるだけ正しい標準語を使って原稿を読んでいるのです。

にもかかわらず、関西圏の人たちは標準語を話したがらない傾向が極めて強くなっています。
関西の人が日本から独立したいというのなら話は別ですが、おそらくそう思っている人はかなり少数派なはずです。
標準語は東京弁だろ?
などという批判もあるかもしれませんが、そんなことを言い始めたら言語の統一なんて不可能になってしまいますし、現在においては東京弁をベースにした言葉が標準語に定められているのですから、現在の標準語を否定することは屁理屈と言わざるを得ないでしょう。

私は何も、バラエティ番組や漫才などで標準語を使えと主張しているわけではありません。
報道番組や報道を多く扱う情報番組の司会者ぐらいは、できるだけ正しい日本語を使うべきだと主張しているわけです。
そんな難しい要望ではないと思うのですが、関西の人たちにとっては難しいことなのでしょうか?

関西圏のメディア従事者の方々には、もう少し日本という国家のことを考えていただきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました