千進法?万進法? 3桁毎のコンマって分かりづらくない?

言語
この記事は約3分で読めます。

これからする話は海外の反応サイトで話題になっていたわけではありませんが、日本と海外(西洋)の文化的違いについて私には子供の頃からずっと気になっていることがあります。

それは、数字の3桁毎に振られるコンマ(カンマ)です。

例えば1億なら『100,000,000』と、こんな風にコンマを加える表記されることは皆さんもご存知のことでしょう。
しかし、これって分かりづらくないですか?
おそらく多くの日本人(東洋人)は、この意見に共感してくれるはずです。
日本人からすると、『1,0000,0000』のように4桁ごとにコンマを振ったほうが分かりやすいのです。
しかし西洋の人たちは、こっちのほうが意味が分からないと感じることでしょう。

なぜ東洋人と西洋人でコンマについての意見が分かれるのかというと、それは大数の命数法に違いがあるからです。
言葉で言っても分からないでしょうから、英語を例に説明します。
英語における数字は以下のようになっています。

1:One
10:Ten
100:One hundred
1,000(千):(one)Thousand
1,000,000(100万):(one)Million
1,000,000,000(10億):(one)Billion
1,000,000,000,000(1兆):(one)Trillion

大事な部分は1000から上の数字で、英語では3桁ごとに言葉が変わる千進法が採用されているのです。
つまり、

1万は、Ten thousand
1億は、One hundred million

となり、日本語的に直すと1万は10千、1億は100百万という言い方をしているのです。
スペイン語やフランス語は3の倍数である6桁ごとに言葉が変わる方式を採用し、3桁ごとにコンマを振っています。

一方、日本の数字では、

1,0000:1万
1,0000,0000:1億
1,0000,0000,0000:1兆

と、4桁ごとに言葉が変わる万進法を採用しています。
これは中国由来の文化で、韓国なども同じ方法です。
そのため日本の場合は、4桁ごとにコンマを振ったほうが遥かに分かりやすくなります。
実際に中国では、4桁ごとでコンマを書くケースも多々あるそうです。

大した問題ではないと思うかもしれませんが、以下の数字表記を見てください。

1,000万

日本では、こんな数字の表記を日常的に存在しています。
しかしこれは、かなりおかしな表記と言えます
3桁ごとのコンマなら1000万は『10,000,000』であり、本来なら前から2つ目のところにコンマが付くはずです。
しかし上記した『1,000万』は前から1つにコンマが付いており、矛盾が生じています。
これは西洋系の千進法と中国系の万進法がごちゃごちゃになっているためで、本来なら意味が通じない表記なのです。

日本が3桁ごとにコンマを振るようになったのは、世界進出する際に国際的な標準に合わせることを重視したためと思われます。
しかし上記したような意味不明な表記まで現れる始末となっており、やっぱり万進法を採用している日本で3桁ごとにコンマを振るには無理があったものと思われるのです。

当サイトで数字を表記する際は致し方なく3桁ごとでコンマを降っていますが、本心では納得していない部分も多いにあります。
この3桁ごとのコンマは、国際標準の名のもとに自国の文化を意味不明にしてしまった著名な例と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました