新型コロナウイルスの対策はもはや八方塞がりか?

医療
この記事は約3分で読めます。

ここ1、2週間で、私の新型コロナウイルスに関する考えに度重なる変化が出てきています。

当初の私は、日本人がマスクをよくすることや気温の関係から、春なって暖かくなれば自然と新型コロナウイルスの感染は収まると考えていました。
しかしこういった楽観論は完全に間違いでした。

現在、首都圏では外出自粛要請が行われ、東京都の小池都知事はロックダウンについても言及しています。
私も楽観論を捨てこういった積極的な対策を支持し、更に厳しい対応すら行うべきだと考えました。
しかし最近は、その考えにも違和感を感じるようになってきたのです。

世界的にみれば、新型コロナウイルスはもはや拡大を阻止する術がないレベルにまで感染が広がっており、検査していない人も含めれば、今後、数億人単位で感染が広がっていく見込みです。
もし今後、日本が外出禁止やロックダウンなど行い新型コロナウイルスの封じ込めに成功したところで、海外でここまで感染が広がっていたら、入国制限をしない限りは結局感染は広がってしまいます。
ワクチンや治療薬が開発されれば問題の大半は解決できますが、それは1年や1年半も先のことです。
その間、入国制限を掛け続けるのは非現実的なのではないでしょうか?
人の往来ができなければ輸出入といった物の往来も滞りますし、観光業が経済の大きな基盤となっている今の日本では、1年や1年半も鎖国状態を続けるわけにもいきません。

結局のところ、(悪い言い方をすれば)新型コロナウイルスの流行はどうにもならないところまで進んでしまっている気がします。
現実的には、できるだけ爆発的な感染拡大が起きないようにしつつ、ワクチンや治療薬が開発されるのを待つしかないのでしょうが、これはこれで国内で長期間に渡っての外出自粛やイベントなどの中止を伴うわけで、莫大な経済的ダメージを負います。
つまり、新型コロナウイルスの感染拡大は既に八方塞がりである可能性が考えられるわけです。

メディアでは国内の感染拡大を防ぐことばかりに注視して、外出自粛要請を無視し出歩く人を非難する光景をよく目にしますが、ワクチンや治療薬の開発期間を考えれば、外出するなという理論は今年いっぱいかそれ以上の期間に渡って外出するなという意味になり、それは日本経済の破綻を意味します。
そう考えると、外出自粛要請を無視し外出している人と外出なんてするなと主張している人は、同じぐらい無責任である可能性も考えられます。
今必要なことは、国内での感染拡大を防いだところで、もはやどうにもならないところまで事態は発展しているということまで言及し議論することなのではないでしょうか?

こういったときに、国は思い切った予算を使うべきなのでしょうが、日本は慢性的な借金体質なためそれも難しいのかもしれません。
希望があるとしたら、夏にウイルスが弱まり、更にワクチンや治療薬の開発が早く進むということしかないのでしょうが、これは希望的観測が2つも重ならないと実現しないわけで、非現実的な考えのように感じます。

正直、自分には日本における新型コロナウイルスの状況が好転する未来が全く見出せず、不安が募るばかりとなっています。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました