ゼロコロナに対する中国での暴動騒ぎについて

国際的問題
この記事は約2分で読めます。
<スポンサーリンク>

中国で新型コロナウイルスの対応を巡って暴動騒ぎが起き、世界中で注目を集めています。
中国という最後に残った共産主義の大国の行く末については、国籍を問わず多くの人が気に留めているようです。

中国ではゼロコロナという新型コロナウイルスの完全封鎖を目指す対応を現在も行っています。
どの国も最初はこのような対策をしていましたが、ウイルスの変異により感染力の上昇と致死率の低下が起きて現在は、ウィズコロナと呼ばれる新型コロナウイルスとの共存の道を選ぶようになりました。

中国は、列車の衝突などといった大規模な事故が起こっても、ろくな調査をせずに車両を埋めてしまうなど人民の命よりも経済発展を優先する国として知られています。
この理論で行けば、新型コロナウイルスの感染者が増えても経済活動を優先することが中国らしい対応です。
ただし目に見えないウイルス感染は人々の恐怖心が煽られ大きな混乱を招き、それが暴動にまで発展しかねないという懸念があったのか、世界で唯一とも思えるゼロコロナ政策の継続という対応を中国政府は選んでいます。
中国政府にとって、もっとも恐れていることは市民の暴動による民主化革命なのです。
共産国家のほとんどは、この民主化革命によって国家体制が一度崩壊していいるのですから、一党独裁で利益を得ている中国共産党幹部が市民の騒ぎが起こらないような政策を選ぶことは当然な話です。

しかし、ここにきてその選択が裏目になりました。
おそらく中国政府は、新型コロナウイルスの問題がここまで長引くとは想定していなかったのでしょう。
補償をほとんどせずに行動規制を続ければ、商売をしている人たちが疲弊することは目に見えているわけで、中国国民の不満は相当溜まっているものと思われます。
中国国内では情報の統制がされていますが、カタールで現在行われているサッカーワールドカップを見れば誰もマスクをせずに大声を出して応援している様子が映っているわけですから、自国の対応がおかしいことはバカでも気付きます。
そもそも問題を抱えながら無理矢理に経済発展をしてきた中国は、何かのきっかけさえあれば何時でも爆発する状態なのかもしれません。

個人的には一層のこと爆発して民主化してしまったほうが良いかと思いますが、中国政府にとって共産主義は国是なので、どんな手段を使っても暴動は抑え込もうとするはずです。
今回の暴動は規模が大きくなく、国家体制が転覆するほどのことはないのでしょうが、今後も中国の動向については注目し続けたいと思います。

<スポンサーリンク>
ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました