韓国の新型コロナウイルス感染爆発について

人体・医学
この記事は約2分で読めます。

3月16日における韓国の新型コロナウイルス新規感染者が、621,328人であったと本日発表されました。
これは日本の人口に換算すると151万人程度の数値となります。
韓国の人口は5178万ですから、1日で1%以上の人が感染したということです。
全ての国の感染状況を完全に把握するわけではありませんが、この数値は1日で出した感染者数として人口あたりの世界最高記録を更新していると思われます。
当然ですが、韓国系の海外の反応サイトでこのことは大きな話題となっています。

単純に思うのですが、これはいくらなんでも検査のしすぎなのではないでしょうか?
日本では新型コロナウイルスのPCR検査数が少ないとの批判があり実際にそういった側面はあるでしょうが、韓国の場合は逆に検査のしすぎで検査会場が感染源になってる可能性も考えられます。
そもそも陽性かどうか分かったところで数が多すぎて隔離なども出来ないでしょうし、自宅隔離するにしても1週間で国民の10%程が感染する計算なので、そんな大勢の人が一斉に労働をやめたら社会に様々な支障が出てしまうはずです。
陽性率も50%程度に達し国民のほぼ全てが感染するに等しい状況なため、韓国では既に新型コロナウイルスの検査をする意味がなくなっている可能性もあります。
ハッキリ言ってしまえば、韓国が今行っている過剰な検査は無駄な努力で、労力を使う場所を間違っているとしか思えません。

現在、新型コロナウイルスの致死率は大幅に下がり0.1%程度(ワクチンの接種を考慮した数値)になっています。
しかし、韓国のように感染者が増えてしまうと死者数も凄まじい数に上ってしまうことは確実です。
単純に感染者62万人の0.1%は620人で、日本の人口に換算すると約1500人になります。
日本で新型コロナウイルスの患者が1日1500人亡くなれば大騒ぎになるに違いありません。
もはや韓国では国民のほぼ全員が新型コロナウイルスに感染してしまうことが避けられない状況なのですから、(検査することにはほとんど意味がなくなるので)検査に携わる人員を感染した人の治療に回したほうが良いかと思います。

以上、既に感染者数を把握する意味を失っている韓国においては、症状を訴える人に対する治療に全医療資源を注ぐことを強くお勧めします。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました