私が好きな韓国料理について

生活
この記事は約3分で読めます。

2018年は日韓関係が悪くなる事例が多かったですが、2018年最後の日は、今後の日韓関係改善を願って韓国に対するポジティブな記事を書きたいと思います。

現在の日本ではラーメンがとても人気の料理となっていますが、私は脂っこいものが得意ではないので、ラーメンはあまり好きではありません。
ラーメン屋に行くこともほとんどなく、長い時間を並んでまでラーメンを食べることについては、申し訳ありませんが全く理解ができません。

そんな私が1番好きな麺料理は、ズバリ冷麺です。

ベトナムのフォーとどっちが好きか悩むところですが、冷麺のほうが若干好きです。
冷麺はあっさりしていて、脂っこいものが苦手な私にとっては最適な麺料理となっています。
麺がゴムみたいなどと言って冷麺を嫌う人もいるそうですが、私は噛み応えがある冷麺の麺が好きなのです。

そして、冷麺に入れる具材として欠かせないのがキムチであることは説明するまでもないでしょう。

ずいぶん前になりますが、私は韓国に旅行をした人から本場のキムチを貰ったことがあります。
そのキムチは口が曲がるほど辛かったのですが、普段食べるキムチ(スーパーで普通に売っているキムチ)とは味の深みが明らかに違いました。
そして、そのキムチを食べ進めていると小さな貝類が入っていたのです。
私はそれまでキムチに対して全くと言っていいほど知識がなく、キムチは白菜を唐辛子のペーストに漬け込んだものぐらいにしか思っていなかったので、キムチから貝類が出てきたことが全く理解できませんでした。
そんなこともあってキムチの原材料について調べてみると、キムチの中には実に色々なものが入っていることがわかりました。
魚介類はオキアミの塩辛を中心に様々なものが入ってますし、白菜以外の複数の野菜、果物、調味料も何種類も入ります。
これだけのものを入れれば、味に深みが出るのは当然の話です。
日本のスーパーで売っているキムチはここまで色々なものは入ってないかもしれませんが、ちゃんとしたところで買えば、いろんなものが入った味の深いキムチを食べることができます。
日本人にとっては辛すぎるという問題はありますが、深みという点ではキムチが日本の漬物以上であることは確実です。

ヨーロッパの漬物に、オリーブの塩漬けというものがあることをご存知の方は多いでしょう。
テレビ番組などで見ていると、このオリーブの塩漬けはとてもおいしそうに見え1度買ってみたことがあるのですが、オリーブを塩水に入れていただけの味しかしませんでした。
これだったら日本の漬物のほうがいいやと思い、それ以後オリーブの塩漬けを買ったことはありません。
日本の漬物は、ぬか漬けなら米ぬか、浅漬けなら出汁などが入るのですが、オリーブの塩漬けにはこういったものは全くなく、ただ塩とオリーブ以外に使うものはないそうです。
そのため、日本の漬物のほうが深みのある味がするのは当然です。
しかし日本の漬物も、キムチの味の深みには敵いません。
世界的に見ても、キムチほど色々なものを入れる漬物はないと思います。
事実として、日本のスーパーなどの漬物コーナーでキムチは大きなシェアを占めており、日本でも大きな人気を得ています。(日本の漬物は家庭で作ることも多いため売り場が狭いという理由もあるが)
キムチを使った料理も、日本の中で定番化しているものもあり(キムチ鍋や豚キムチなど)、もはやキムチは日本の食卓の中で一般的なものになっていると言えるでしょう。

唐辛子が日本から伝来したとはいえ、キムチを考え出してくれたことに関しては、韓国人(あるいは北朝鮮人)に感謝したいと思います。

以上、日韓関係が著しく悪化した2018年の最後の日に、あえて韓国の料理について考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました