私がより強い新型コロナウイルスの対策を求める理由

医療
この記事は約3分で読めます。

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえての緊急事態宣言が出されましたが、この緊急事態宣言に受けてワイドショーのコメンテーターなどは、もっと外出を自粛するべきだと総じて主張しています。
しかし、いくら国民の外出を抑えてところで新型コロナウイルスの新規感染者は0にならないでしょう。
また諸外国との交流も完全に止めっているわけではないので、国内でいかなる対策をしても国外から再び感染が広がる可能性もあります。
結局この新型コロナウイルスは、国民の多くが1度感染するかワクチンを打って抗体を付けるしか抑え込む方法はないわけですが、ワクチンが一般流通するのは1年程度の先のことです。
だったら外出の自粛なんてせずに、むしろ国民全員で感染してしまったほうがいいのではないかという発想もでき、ひたすら外出自粛を訴えるメディアに違和感を感じる人がいてもおかしくありません。

しかし、それでもなお私が緊急事態宣言を早く出すことや、より強い対策を行うべきだと主張していることには、いくつかの理由がありますので、以下で説明していきます。

気温の上昇

5月以降になれば日本の気温は上がり、梅雨に入れば湿度も上がります。
結果、季節性インフルエンザほどではないにしろ、新型コロナウイルスの活動は弱まると考えられます。
しかし4月はまだ寒い日も多く、新型コロナウイルスの活動がまだまだ活発です。
ですから緊急事態宣言のような強い対策を早く出したほうがいいと私は主張しているわけです。

マスクの供給

もし新型コロナウイルスの流行に対し、国民全員が確実にマスクをしていれば感染拡大は起こっていないでしょう。
しかし現状はマスク不足に陥りマスクができないどころか、下手にマスクをしていると医療機関に回すべきだなどと批判をする人も現れます。
結局、政府や自治体も国民に強くマスクをするよう指示できなくなっています。
このマスクの供給が改善するのは5月以降と言われており、それまでの間は緊急事態宣言を出してできるだけ外出自粛をしたほうがいいと思うわけです。

医療体制の準備

報道を見る限り、現在の日本医療は新型コロナウイルスの対応が限界寸前のところまで迫っているとのことです。
もし医療崩壊するようなことが起これば、イタリアのように異常な致死率上昇という事態を招きかねません。
これは絶対に避けなければならず、早い段階で緊急避難宣言を行い自体を鎮静化させ、その間に医療体制を整えるべきだと考えるわけです。

治療法の確立

新型コロナウイルスは新しい感染症ということで、治療薬もなく手探りの方法で治療を行っています。
しかし感染者が増え医療従事者が経験を重れば、今ある薬やその使用方法などといった、現在の医療技術で行える効果的な治療法がある程度確立されてくると思います。
当然海外の医療データも参考になることでしょう。
そのため感染拡大はできるだけ遅らせたいわけで、それには緊急事態宣言が不可欠だと思うのです。

以上4つの観点から、私は緊急事態宣言を早く出し、更にはより強力な自粛を要請するべきだと提言しているわけです。
ワイドショーのコメンテーターのような、外出を自粛すれば新型コロナウイルスの流行が収まるというような“お花畑的発想”で、緊急事態宣言を早く出せとか外出自粛をもっと徹底しろと言っているわけではありません。

とにかく今は感染拡大を最大限抑え、寒くなり再び感染拡大が起こるであろう時期に備えることが大切だと思います。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました