新型コロナウイルスに感染した人の謝罪はズバリ必要です

社会
この記事は約2分で読めます。

日本特有の問題かもしれませんが、有名人などが新型コロナウイルスに感染した際に謝罪するケースが多々あり、このことについてメディアなどでは『謝る必要はない』と発言する人が大半を占めています。
ウイルスに感染することは現在の人間社会の中で防ぎようがないことであり、確かに謝る必要はないように感じます。

しかし一方で、感染することは悪くないという風潮が広まれば、マスクもせずに出歩く人が街に溢れ感染は拡大していくことでしょう。
日本の自粛活動に法的強制力がないにもかかわらず、早い段階で新型コロナウイルスの感染拡大を防止できた理由は、国民に自制心があったためです。
『新型コロナウイルスに感染したら謝罪しなければならない』という風潮は、この自制心に付随するものとも言えます。
確かに感染症にかかって謝罪することが正しいとは思えないですが、しかしこの正しいとも思えない風潮が新型コロナウイルスの感染収束という正しい方向に人々を導いているのも事実なのです。
これは明らかに矛盾した話ですが、今は深いことを考えずに新型コロナウイルスの感染を抑えることが最優先かと思います。

以上のことを考え、『新型コロナウイルスに感染したら謝罪しなければならない』という風潮を、完全になくすべきではないように感じます。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました