南京大虐殺(南京事件)の真実を考察する

歴史
この記事は約15分で読めます。

今回は、日中戦争時代に起こった(とされる)南京大虐殺(南京事件)という重いテーマについて考えていきたいと思います。

当時の南京について

南京大虐殺(南京事件)を論じる前に、まずは南京そのものや当時の南京の様子について書き示めします。

南京の定義について

南京の定義は1つではなく多岐に渡りますので、以下で説明します。(全て日中戦争当時の定義)

南京行政区:南京市と近郊6県のことで東京都、埼玉県、神奈川県を合わせた面積と同程度の広さ。
南京市:南京城を中心とした地で城区と郷区からなる。
南京市城区:南京城と城外周辺(下関区、浦口区)の人口密集地。
南京城:城壁に囲まれた南京の中心地で、広さは40平方キロメートル(東京都江東区や沖縄県那覇市と同程度)ほど。

日本人の一般的な認識では、南京城入城後における日本軍の問題行動が、南京大虐殺(南京事件)に当たる行為と捉えられます。
しかし中国政府が定める南京大虐殺(南京事件)は、南京行政区全体で起こった日本軍によるあらゆる被害を指すケースが多いようです。

南京における時系列

歴史的事実として判明している日本軍による南京攻略戦の時系列を確認します。

1937年8月15日:南京に対する日本軍爆撃機の空襲が始まる。
11月25日:日本軍が南京への進軍開始。
12月4日:日本軍が南京市郊外まで進軍。
12月7日:南京城へ攻撃を開始。
12月10日:日本軍の総攻撃を開始。
12月13日:南京城陥落。
12月14日~:南京城内の敗残兵掃蕩を開始。
12月17日:日本軍による南京城入城式が行われる。
1938年3月28日:中華民国維新政府が南京にて成立。

残された映像で見る限り、入城式の時点では南京城内の街はある程度整備されており、以降の南京市は比較的平和であったようです。
1938年のお正月には、南京の子供が爆竹で遊べるほど平和であった様子も確認できます。(爆竹の音は銃撃音と間違いかねないような音にも関わらず、そのような遊びができていることは南京城内が平和だった証拠といえる)
以上のことから推察するに、南京大虐殺と呼ばれる日本軍の問題行動のほとんどは、南京攻略の12月13日から入城式前日の12月16日が中心だった想定されます。

南京市の推定人口

南京大虐殺における論争の的になりやすい死者数の判断材料として、当時の南京市の人口推移をまとめます。

1937年3月末
調査によるところ、この時点の人口は、101万9667人(城区:85万人、郷区:15万人)とされている。

8月15日~
日本軍の空襲爆撃もあり、南京を去る人が多数現れる。

11月中旬
国民政府は南京から重慶への遷都。
南京市政府(馬超俊市長)によるところ、この時点の人口は50万人程度と想定されている。

11月27日
在留外国人に対して避難勧告が発令。
馬超俊市長は、この時点で30~40万の人が南京に残っていると推定している。(南京城内の人口なのか、南京市全体の人口なのかは不明)

12月7日
蒋介石が南京脱出。
南京にいる外国人(ナチスのジョン・ラーベ)によると、日本軍の南京城攻略作戦開始時点で20万人の人が南京に残っていると想定している。(南京城内の人口、もしくは安全区(難民区)と呼ばれる南京城内の限られた区域での人口と思われる)

12月13日
南京在住の外国人で組織された安全区国際委員会は、安全区内の人口は20万人としている。

1938年1月14日
安全区国際委員会は、安全区内の人口は25万人としている。

6月
南京在住の外国人による調査(スマイス報告)で、南京陥落時点の南京城内の人口は20万から25万と報告される。

1937年8月15日の空襲以降、南京市の人口は日に日に減っており、人口の正確な把握はできていないものと思われます。
また、上記した推定人口が、南京市内なのか、南京市城区内なのか、南京城内なのかなども不明です。
推定では、日本軍が南京城への攻撃を始めた時点で、城内に20万以上の民間人と、南京を守る兵士数万人がいたものと思われます。
それにプラスして、南京城外(南京市城区内)にもそれなりの数の人がいたと思われます。

南京大虐殺の考察

南京大虐殺について、以下の7つの項目に分けて考えていきたいと思います。

1、放火
2、強姦
3、略奪行為
4、一般市民の殺害
5、捕虜に対する殺害
6、国際法の違反
7、死者数

放火

中国側の主張
日本軍による南京占領の間、日本兵による頻繁に放火があり南京市内の1/3が焼き払われた。

個人的見解
当時の南京城内は戦闘終結直後の混乱状態だったので、誰がやったかは分からないような放火は多少なりともあったかもしれませんが、それを認める証言や写真はほとんど見受けられません。

コメント

  1. かみかわ より:

    虐殺が なしはさすがに 済まされず 過大告発 あると言えども

Translate »
タイトルとURLをコピーしました