アダルトビデオへの出演強要問題についての意見

社会
この記事は約5分で読めます。

最近、アダルトビデオへの出演強要が問題となっているようで、毎日新聞などは長期的に特集記事を書いているようです。
このような微妙な問題について意見を言うことは避けたいと思う人がほとんどでしょうし、たとえ何か思うことがあっても口をつむぐ人がほとんどかと思います。
私もわざわざこのような問題について自身の意見を発したいとは思いませんが、社会問題になっている以上、取り上げる必要はあるかと思い、今回はアダルトビデオの出演強要問題を考えていきたいと思います。

まず、女性に対するアダルトビデオへの出演強要は間違いなくあるでしょう。
アダルトビデを出演女性の多くはスカウトで集められており、またそのスカウトに女性の出演料の一部が流れるシステムらしいので、強引なスカウト行為も当然あるでしょうし強引な出演強要も当然あるものと思われます。

このブログを読んでいるアダルトビデオ出演女性、もしくはその手前段階にある女性がいるとは思えませんが、もしそういった女性でアダルトビデオの出演をやめたいと思っているのでしたら、今すぐにでもやめてもらって問題ありません。
プロダクションは契約などを逆手に出演を迫るでしょうが、性交渉を行うなどという契約はあり得ないので、どのような状況下でも出演を拒否して構わないのです。
契約してしまったことに対して負い目を感じ自分が弱い立場だと考える人もいるでしょうが、アダルト業界において実際に弱い立場なのは、プロダクションやアダルトビデオの制作会社の方です。
彼らは法的にグレーな行為を行っているので、女性側が強く出たら引かざるを得ません。
そもそも性交渉を行うなどという契約をしていたら、プロダクション側は管理売春で逮捕されてしまいます。
そのため、契約の文言は極めて曖昧になっているはずで、そのような契約書を元にアダルトビデオへの出演を強制することなどできないのです。
このことを十分に理解し、納得がいかなかったら強い心を持って出演を拒否してください。

以上の話はアダルトビデオに出演を強要された場合の話ですが、一方でアダルト業界に憧れる女性がいることも事実です。

コメント

  1. かみかわ より:

    刑事罰 条文だけが ただ並び 摘発するは 奇跡で記事に 学費をば 稼ぎ就職 当たり前 放置したるは ご政道の意思 置き屋での 女将の習慣 復活し 管理売春 掟となりて

  2. ゴールド サークル より:

    全編に渡り全く同感です。
    ただ数少なくても
    だまされた女の人権を守る必要があります。
    被害者のふりにも注意が必要でしょう。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました