全部、宮迫のせい!!

芸能
この記事は約3分で読めます。

昨日、蛍原徹さんと宮迫博之さんの間で結成されたお笑いコンビ『雨上がり決死隊』が解散し、解散報告を兼ねたアメトーーク特別編がネット放送されました。
そもそも雨上がり決死隊が解散するに至る問題の発端は、2年前に発覚した宮迫さんが会社(吉本興業)に内緒で特殊詐欺グループとされる反社組織のパーティに出席するという闇営業問題でした。
宮迫さんは、この問題に対する対応の不味さもあり、現在もテレビに復帰できな状況が続き主にYouTuberとして活動しています。

解散は蛍原さんが言い出したそうですが、蛍原さん曰く、宮迫さんとの関係でもっとも納得ができなかったことがこのYouTubeの活動だそうです。
特にYouTube活動を始めるタイミングが気になったとのことです。(同じ闇営業問題を起こしたロンドンブーツ1号2号・田村亮復帰会見の前日に動画を初投稿)
おそらく、このことは芸人仲間もスタッフもファンも、皆おかしいと感じたと思います。
誰がどう見ても、世間の注目が集まるタイミングを狙ったとしか思えないような時期にYouTube活動を開始した宮迫さんに対し、『宮迫は本当に反省をしているのか?』と感じた人が多数いたと思われます。
それまでは、芸人に様々な圧力をかけた吉本興業が悪いみたいなイメージも世間的にはあったのですが、あのYouTubeで流れが一気に変わってしまいました。
この宮迫さんのYouTube活動は、相方の蛍原さんはもちろん、復帰のために動いていた人や復帰を待ち望んでいたファンの中にも大きな怒りを覚えた人がいたことでしょう。
宮迫さんは、芸能活動ができなくなったことで精神的に追い詰められていたそうですが、だからといってYouTube活動をするというのは違うと思います。
YouTubeで活動をするということは、自分の判断で勝手に反省期間を終了し芸能活動を再開をするようなもので、テレビ関係者にも悪い印象を与え、テレビ復帰への道を自ら閉ざしてしまったように感じます。
しかも一緒に動画を作ったYouTuberが、過去に情報商材を販売していたり仮想株式でトラブルを起こした人物だったというのですから尚のこと問題です。
元々この問題は宮迫さんは詐欺グループのパーティーへ参加したことが発端なのに、詐欺まではいかなくとも人からお金を騙し取るような行為を行っていたYouTuberと一緒になってYouTube活動を始めるなんて、誰からも理解を得られるわけがありません。

結果、闇営業問題を起こした芸人が、騒動のきっかけを作ったカラテカの入江慎也さんを除いて全員とっくに活動を再開しているのに、宮迫さん1人がテレビへの出演も吉本興業への復帰もできずにいるのです。
つまり、宮迫さん1人だけ圧倒的に間違った行動をしているということです。
こんな7の段の掛け算より簡単な問題が、なぜわからないのかまったく理解ができません。
自分は、宮迫さんが行ったYouTubeの活動は闇営業の問題以上に重い問題だと思います。
結果として、雨上がり決死隊は2人での活動を再開することもなく解散。
極楽とんぼの加藤浩次さんに至っては、完全なもらい事故で吉本興業を去ることとなりました。

雨上がり決死隊初の冠番組で代表番組でもある『アメトーーク』は今後も続くという話ですが、蛍原さんには申し訳ないですが今後アメトーークが長く続くとは思えません。
正直言って宮迫さんがいなくなって以降のアメトーークは、面白さが半減しています。
今はまだ惰性で見続ける人も多いでしょうが、それは今の状況(宮迫さんのいない状況)が一時的なもので、いつかまた以前のような面白いアメトーークが観れると思っている視聴者が大勢いるからなのではないでしょうか?
しかし宮迫さんの復帰がないと分かった以上、よほどのテコ入れをしない限り視聴者の数は日に日に減っていくと思います。

まだまだ不満はありますが、最後にFUJIWARAの藤本敏史さんの言葉を借りて、一言だけ宮迫さんに言わさせていただきます。

どんだけ迷惑かけるんですか!?マジで!!

スポンサーリンク
『エンタメ&スポーツを考えるブログ』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました