沖縄の基地問題と日本の国土防衛にみる保守勢力の矛盾

政治
この記事は約3分で読めます。

現在、日本における国際的懸念のひとつに中国の海洋進出という問題があります。
近年、中国の公船や軍艦が尖閣諸島付近に近づく事案が頻発し、日本領海に進入するという事案も起こっています。

※この記事を書いている最中にも↓のような問題が発生しました。

外務省は6日、午前8時5分ごろに沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域で中国海警局の船6隻と中国漁船230隻を確認したと発表した。

引用:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS06H1G_W6A800C1NNE000/ -日経新聞社

地図を見れば一目瞭然ですが、尖閣諸島や沖縄諸島の南部は、日本本土より中国に近い場所にあります。
そのため、これらの地域を日本本土から守ることは難しく、現実的には沖縄から防衛しなければなりません。
つまり、日本の国土を中国から守るための最重要地点になるのが沖縄なのです。

コメント

  1. 匿名 より:

    一国で国が守れないから同盟がある
    米軍が撤退したら中国は遠慮せずに日本を侵略するだろ
    その中国に日本一国だけで対応する覚悟があるなら米軍の撤退を主張すればよい

  2. かみかわ より:

    米軍は アメリカ利益 護る為 日本の領土 護る故なし 接待で 尖閣防衛 懇願す 卑屈な総理 願い空しき

Translate »
タイトルとURLをコピーしました