安倍首相の靖国神社参拝について

この記事は約2分で読めます。

本日、安倍晋三内閣総理大臣が靖国神社へ参拝しました。

この参拝に対し、各国(特に中国・韓国)が反発することは必死です。
しかし、日本人は『罪を憎んで人を恨まず』という独特の考えを持っています。
また、先祖は死ねば神様になるので、例えA級戦犯が合祀されていようと、靖国神社にお参りに行くことおかしいことではありません。
少なくとも、この参拝について他国からとやかく言われる筋合いはありません。

しかし、今の日本人に『罪を憎んで人を恨まず』という考えが果たしてあるのでしょうか?
『罪を憎んで人を恨まず』ということは、どんな凶悪犯であろうと、極論を言えば麻原彰晃であろうと、穢れを祓えば罪人ではなくなるという意味です。
私は、今の日本人に罪を犯した人を許すような風潮があるとは思えません。
むしろ、罪を憎まず人を恨んでいるかのような振る舞いをする人たちが多いように思えます。

ですので、私的に安倍首相の靖国神社参拝は、諸外国から文句を言われる筋合いはないが、その文句に対して何かを言えるだけの権利も今の日本人にはないように思います。

現実的な問題として、今回の参拝について中国と韓国は強い反発や報復的な処置があるでしょう。
今は日本と中国・韓国はお互い挑発し合うような関係で、関係は良くなるどころか悪くなる一方です。
今後は日本と中国・韓国の関係は、もはや何が起こるかわからない状況までエスカレートしていく可能性も高いでしょうし、個人のちょっとした行為が国と国との関係を大きくこじらせる可能性もあるので、しばらくの間、中国や韓国への旅行は“絶対に”避けたほうがいいでしょう。
スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

  1. サイレントディール より:

    ちなみにですが件の戦犯と言う表現はサンフランシスコ講和条約等の諸条約の締結において、戦犯と言う名称は無くなっています、また過去から現在においてその期間一度として中韓とは良好な関係であった事は無いです。
    戦犯自体が事後法で裁かれた戦勝国のリンチである事は忘れてはいけない、民主主義において法の遡及適応は固く戒めるべき行為である。
    今の日本の風潮からして、罪を憎んで人を憎まずの風潮が無いのは同意しますが、昨今の凶悪な犯罪によって考え方が変わったかもしれませんね。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました