ロシア人YouTuberに感じるプーチン支持の影

国際的問題
この記事は約2分で読めます。

日本人はロシアのプーチン大統領のことを、恐怖政治を敷き国民から言論を奪い、選挙結果は操作し実際は誰も支持なんかしていないなどと思っている人が多いと思います。
今回のロシアによるウクライナ侵攻も、悪いのはプーチン大統領だけで一般のロシア国民には責任がないと考える人が多いかと思います。
おそらく、この考えは半分以上当たっているでしょう。

しかし日本人が思っている以上に、ロシアにはプーチン大統領を支持している人がいると思われます。
ロシアのウクライナ侵攻後に投稿されたロシア人YouTuberの動画などを見ていると、プーチンを支持していると感じられる人がちらほらいるのです。
日本で活動しているので面と向かってプーチン大統領支持とは絶対に言わないでしょうが、雰囲気的にプーチン大統領を支持しているのだろうなと思う人は0ではありません。
オリンピックのフィギュアスケート男子で金メダルを獲得したことのあるプルシェンコ氏が、明確にプーチン大統領を支持すると表明したことからも分かるように、ロシアにはプーチン大統領を支持する層が確実にいます。
そうでなければ、ウクライナへの侵攻も国内で起こったデモの制圧も不可能です。
プーチン大統領が全く支持されていないのなら軍も警察もプーチン大統領の指示に従わないわけで、現実的にロシア人で形成されたロシア軍によるウクライナの侵攻が起き、民衆のデモがロシア人警察によってことごとく制圧されている事実は日本人も理解しておく必要があります。

どの国にだって様々な考えを持つ人がいるのは当たり前ですから、ロシアにプーチン大統領を支持する人がいること自体は批判の対象ではありません。
しかし、今回のロシアによるウクライナ侵攻について、悪いのはプーチン大統領とその取り巻きだけで一般市民には何に罪はないと安易に考えるのは危険です。
プーチンという化け物が生まれてしまった大半の責任はロシア人にあるはずで、その責任は決して軽くはありません。
ナチスドイツのヒトラーも、ドイツ国民が一時的にでも支持したから誕生したのであって、一切の国民支持もなく誕生したわけではないのです。

そんなことを言っても、言論も統制され行動を起こせばすぐに刑務所に入れられる状況で、何も出来ないと考える人も多いことかと思います。
しかしそれは出来ない口実であって、問題は何をしたか、そして今から何をするかです。

今は大変でしょうが、ロシア人YouTuberの方々は今出来る最善を模索して行動してもらいたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました