日本とロシアが戦ったら韓国はどちら側の味方になるのか?

国際的問題
この記事は約2分で読めます。

韓国系の海外の反応サイトで、もし日本とロシアが戦争をしたら韓国はどっちの味方をするのかいうことが議題に挙がっていました。
日本とロシアは、日本と韓国が領有権を争っている竹島の2.7万倍近いの面積の領土問題(北方領土問題)を抱えており、(現状ではあまり考えられないが)将来的に争いが起こる可能性がないわけではありません。

本日もロシア軍機が日本の領空を侵犯したというニュースがありました。

この問題に対する韓国人の意見として1番多いものは、どちら側にも加担しないというものでした。
これはある意味当然の意見でしょうが、日本とロシアの二者択一に絞ってみると、ロシアに味方するという意見のほうが若干多い印象です。
これは1つのサイトから抽出したもので韓国国民の平均的な意見だとは思いませんが、韓国には日本よりもロシアを支持するという層はそれなりにいるのは確かなようです。
ロシアがウクライナに侵攻し、民主主義国家のほぼ全てがロシアに対して批判の声をあげたり経済制裁をする中ですら、日本よりもロシアを味方するという韓国人がそれなりにいるというのは驚きを隠しえません。
比較対象が中国やアフガニスタンならまだしも、日本は世界的にとても評価の高い民主主義国家です。
そんな日本よりも他国に戦争を仕掛けるロシアのほうがマシと思っているのですから、韓国人に根付いた反日の感情は深いものがあります。

こういった韓国人の感情は、韓国政府のロシアやウクライナへの態度にも現れています。
ハッキリ言って、韓国のロシアに対する経済制裁やウクライナに対する支援は西側諸国の期待を大幅に下回るものでした。
最近の韓国では自国が先進国の仲間入りしたと自信を見せていますが、ロシアやウクライナに対する行動は先進国と名乗ることに疑問が残るものと言えます。
現在、ロシアのウクライナ侵攻に対し一定の支持を行っている代表的な国は中国ですが、中国の隣国で歴史的関係も深い韓国は、ロシアと言うより中国の顔色をうかがっているのかもしれません。

いずれにせよ、日本とロシアが戦うような事態が起きないことを願いますし、万が一起きたとしても韓国に後頭部を殴られるのはゴメンです。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました