日本における韓国vs他国の感情と韓国における日本vs他国の感情

国際的問題
この記事は約3分で読めます。
<スポンサーリンク>

韓国系の海外の反応サイトを見る限り、韓国では日本と韓国以外の国(中国と北朝鮮は除く)がスポーツの試合をする際に、日本以外の国を応援する傾向が強いように思います。

現在行われているFIFAワールドカップ・カタール大会において、私は韓国代表のグループステージの試合を3試合ともAbemaTVで観ましたが、韓国以外の国(ウルグアイ、ガーナ、ポルトガル)をひいきした中継はされていませんでした。
むしろ、韓国側に肩を持った放送がされていたようにも感じます。
韓国は、日本と同じくヨーロッパや南米のサッカー強豪国に挑むアジア国という立場なので、どこか韓国側にシンパシーを感じている雰囲気もあったように思います。

サッカー以外のスポーツでも、組み合わせによる有利不利という状況を除けば、日本戦以外で韓国の負けを望むような偏った放送は見たことがありません。
解説陣の本当の感情は分かりませんが、日本のスポーツ中継は第三国同士の試合を中立的に放送しています。
日本にも嫌韓主義の人がそれなりにいるので韓国の負けを喜ぶ人は存在するはずですが、放送媒体や選手が韓国と第三国の試合で韓国側の負けを望んだり喜んだなんて話は聞いたことがないのです。

例えば、日韓共にグループステージの突破が決定した後のインタビューで、久保建英選手は準々決勝で戦おうと韓国にエールを送りました。

久保建英が“韓国の親友”と約束「ベスト8で会おう」W杯で日韓戦の実現なるか…“フォロワー爆増中”あのFWの意外なキャリアも(キム・ミョンウ)
結末は劇的だった。カタールW杯グループHの最終戦、決勝トーナメント進出が懸かったポルトガル戦は1-1のまま後半45分を迎えていた。もう1つの会場ではウルグアイがガーナを2点リードしていたため、このまま終わればグループステージ敗退。残されたアデ

その他の日本代表選手も、韓国のグループステージ突破を歓迎するコメントを出しています。
一方、ポルトガル戦で勝ち越し点を入れた韓国代表のチョ・ギュソン選手は、日本のグループステージ突破を『少し憎たらしい』と不快感を示しているのです。

「正直、日本の突破は…」お騒がせ韓国代表FWの“率直発言”が物議を醸す!【W杯】 | サッカーダイジェストWeb
 カタールワールドカップで飛ぶ鳥を落とす...

また2018年のワールドカップ・ロシア大会では、日本が決勝トーナメントの1回戦でベルギーに負けた際に韓国の放送で解説者が大喜びしたこともありました。

日本負けを喜ぶ?韓国公共放送で解説者が「ありがとう」…韓国で批判浴びる | ゲキサカ
 日本代表がベルギー代表に2-3で逆転負けを喫した。アジア勢で唯一決勝トーナメントに進んでいた日本の結果を、韓国メディアも速報で伝えた。 しかし...

こういった韓国人の日本の負けを望む感情は他の国も不思議に感じるそうで、韓国人の記者がイギリス人の記者にこのことを質問されたとの記事も出ています。

「なぜ日本が負けて嬉しいんだ?」海外メディアの質問に韓国記者が返答「君たちだって…」 | ゲキサカ
 韓国『ソウル新聞』の記者が、カタールW杯の中央メディアセンター(MMC)で起きたエピソードを記事で綴っている。 11月27日に行われたグループE第2節で日本代表はコスタリカ代表に0-1で敗れた。初戦のドイツ代表...

このように、韓国人の日本人に対する感情は明らかに異質であり、スポーツの場においては殊の外大きくこういった感情が出るようです。
競技にもよりますが、サッカーぐらいは強国に挑むアジア国として、お互いを応援し合ってもいいのではないでしょうか?

以上、日本と韓国のワールドカップ決勝トーナメントでの対戦を望んで当記事を終わりとします!

<スポンサーリンク>
ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。

コメント

  1. 笑う犬 より:

    東日本大震災が起こった翌日にクオリティペーパーが嬉々として
    「日本沈没」と大見出しを打つ民族ですよ?
    それを恥だと思わないのです。
    応援し合う?何を呑気なとしか思えません。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました