緊急事態宣言解除後に求められる行動について

政治
この記事は約2分で読めます。

ここ最近、新型コロナウイルス感染拡大のため出された緊急事態宣言をいつ解除するかという話題、または、どうしたら解除できるかという話題がよくされるようになってきました。

しかし大切なのは、どうしたら解除できるかではなく、解除された際にどのような行動をするべきかだと思います。

韓国は新型コロナウイルスの抑え込みに1度は成功しましたが、規制を解除したところ感染の第二波が発生しつつあります。
日本ではそうならないためにも、緊急事態宣言が解除された後にどのような行動をするべきかを、早い段階で議論するべきなのです。
場合によっては準備するものも出てくるでしょうから、行政側は市民に対し緊急事態宣言解除後の行動について早く伝える必要があります。

こんなことをここでグダグダ言っていても仕方がないので、私自身で緊急事態宣言解除後にどのような行動をするべきかについて考えてみました。

・3密(密閉、密集、密接)を避けること
・外出の際はマスクをすること
・手を小まめに洗う(消毒含む)こと

まずは、この3点が基本になるかと思います。
企業側にやってほしいことは、

・テレワークを継続
・時間差出勤の継続

の2点です。
この問題は、完全な3密状態になってしまう満員電車をできるだけ避けるための対応で、企業にはぜひ協力をしてもらいたいと思います。
もう少し細かい話をすると、

・食事の際にあまり喋らない
・向かい合って座らない

なども大切になってくるでしょう。
このような具体的な行動の指針を、政府や自治体は早い段階からどんどん発信するべきです。
もちろん政府は何もしていないわけではなく、厚生労働省などからは『新しい生活様式』などというものが発表されていますが、こういったことこそ発信力の高い総理大臣や知事などが記者会見でしっかりと説明する必要があるかと思います。

緊急事態宣言で抑圧されていた人は、解放されると普段以上に活動的になってしまいかねません。
それでは感染が再び拡大してしまうので、緊急事態宣言を解除する前から解除された場合の注意点を国や自治体の責任者にはしっかり説明していただきたいと思います。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました