NGT48はもはや解散するしかない? それを回避する唯一の方法は・・・

アイドル
この記事は約3分で読めます。

NGT48の山口真帆さんがファンに襲われた事件ですが、なんと他のNGT48メンバーが加害者側として関わったと噂されています。
このことについては色々なことが言われていますが、AKB48グループの運営スタッフや、今事件のことを扱った週刊文春の主張は、既にネット上で辻褄が合わない点が続々と指摘されています。
本来は事実を追求するはずの週刊文春も、今回の事件に関してはおかしな主張を繰り返しているようです。
実は、週刊文春はアイドルのスクープをとるため、アイドルファンに報酬を与え子飼いにしているとの噂があり、今事件の加害者は正にそういった人物が起こしたとの疑惑があるのです。
そのため、今事件における週刊文春の報道は、基本的に全て無視したほうがいいかと思います。

今回の事件において、唯一、信ぴょう性の高い主張をしているのは被害者の山口真帆さんと言えるでしょう。
被害者本人が、様々な不利益を被りかねない事件の告白を、わざわざ動画配信サイトやSNSで行ったことに嘘があるとは考えにくく、そもそも嘘を付く理由もありません。
実際に山口真帆さんの主張に辻褄が合わない点は現在見出せていないですし、少なくとも山口真帆さんは今事件に関する詳しい情報を週刊文春よりは有しているはずです。

現在、NGT48が出演していたテレビCMや企業広告が次々と自粛されていますが、メンバーが加害者側に関わっているとしたら、これらの対応は当然と言えます。
しかし、NGT48には別のところで更に大きな問題が出てくることと思われます。
それはNGT48がグループとしてテレビ番組などのメディアに出演できなくなるという懸念です。
今事件でメンバーの誰かが加害者側に関わっていたという疑惑が残ったまま、NGT48がメディアへ出演することは普通に考えて無理でしょう。
もし現状のままNGT48メンバーが複数人メディアへ出演したら、観る側も、作る側も、共演する人も疑心暗鬼になって番組が成立しないと思われます。

NGT48は現在『にいがったフレンド』という街ブラ系のバラエティ番組を行っていますが、このような番組を今事件のことが何も明らかにならないままで、明るく楽しく観れるわけがありません。
これはアイドルとしては致命的です。
AKB48グループには握手会や劇場公演という活動がありますが、こういった活動だけでは限界があり、人気向上にはメディアでの露出が欠かせません。
しかし現在のNGT48はそれができる状況ではなく、芸能活動に大きな制限がかかると思われます。

ハッキリ言いますが、もはやNGT48は解散するしか道はないと私は思います。

ダラダラと続けても意味がないので、ここはスパッと解散を決めるべきでしょう。

ただし、NGT48解散を回避する方法が1つだけあります。
それは今回の事件に関わったとされるメンバーを公表した上で解雇することです。
果たして現在のNGT48及びAKB48グループ運営スタッフにこれができるでしょうか?
私には無理だと思います。
今問題がどうなるにせよ、今後のNGT48が進む道は茨の道になることは確実でしょう。

スポンサーリンク
『エンタメ&スポーツを考えるブログ』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました