NGT48メンバー暴行事件から考えるAKB48グループの抜本的改革案

アイドル
この記事は約5分で読めます。

NGT48メンバー山口真帆さんに対する暴行事件で、AKB48グループの運営陣(株式会社AKS)の対応が後手後手に回り、ファンはもちろん一般層にまで批判の声が広がるなど、この問題は収まるところを見せません。
昨日、AKB48グループ運営陣からこの騒動に関する第三者委員会を立ち上げることが発表されましたが、一部のメンバーが事件の加害者側に加わっているという噂を含め、今件の全貌がどこまで明かされるのかは不透明です。

今事件の詳細な対応は置くとして、今回の件で見えたAKB48グループの問題について、個人的に考えた抜本的改革案を以下で示します。

AKB48グループ改革案①:会いに行けるアイドルからの脱却

今回の問題は、アイドルとファンの関係が近すぎることが原因の1つになっていると思われます。
メンバーとファンが直接触れ合える『握手会』や、ファンの目の前でメンバーがLIVE活動を行う『劇場公演』などやめて、ファンとの距離を置くことが、現在のAKB48グループには必要なのかもしれません。
しかし、『握手会』や『劇場公演』はAKB48グループにおける収入の基盤なので、運営側としてこの案は飲めないでしょう。

AKB48グループ改革案②:新潟からの撤退

今回の問題が発生したのはNGT48の拠点である新潟市です。
新潟市が田舎だとは言いませんが、他のAKB48グループの拠点である、

AKB48=東京(秋葉原)
SKE48=名古屋(栄)
NMB48=大阪(難波)
HKT48=福岡(博多)

と比べれば都会でないことは明らかで、そんなところにアイドルグループが誕生すれば過度に目立ってしまいます。(※STU48(瀬戸内)はイマイチ拠点がわからない)
東京などでは芸能人がいてもあまり騒がないですが、新潟ではそうもいかないでしょうし、住所の特定も他のグループに比べれば容易なはずです。
1度進出した場所からの撤退はなかなかできることではありませんが、新潟からの撤退という案も考える必要はあるかと思います。

AKB48グループ改革案③:AKB48グループの解散

これは極論ですが、このことも1度真剣に考える必要があると私は思います。
かつてのアイドルグループは、そもそもそんなに長く続けるものではありませんでした。
例えば、キャンディーズ6年、ピンクレディーは5年弱で解散しています。
キャンディーズやピンクレディーは、同じメンバーでの活動なのでAKB48グループとは少し意味合いが違いますが、AKB48のようなメンバー入れ替わるアイドルグループも、

・おニャン子クラブ(1985年~1987年)
・乙女塾(1989年~1991年)
・東京パフォーマンスドール(1990年~1996年)
・桜っ子クラブさくら組(1991年~1994年)

と、そんなに長くは続けずに解散しているのです。
しかし最近のアイドルグループは、AKB48に限らず異常に長く続けているケースが多くなっており、アイドルの高齢化などというかつては考えられなかった問題も発生しています。(昔は歳をとったらアイドルから卒業するのが普通だった)
今回とは別の山口メンバーが所属したTOKIOなどは、ハッキリ言って全員『おっさん』たちです。

実は、こういった問題はアイドル以外のところでも起きています。
例えば、少年漫画なども最近は異常なまでの長期連載作品が多く、明らかに少年のうちに連載が終わらず、読者の大半が大人になっているようなケースも見受けられます。
なぜこういった問題が起きるかというと、それは現在の日本が少子高齢化だからです。
現在における日本の年齢別人口区分はキノコ型になっており、理想的とされるピラミッド型から大きく逸脱していることは皆さんもご存知のことでしょう。
つまり子供や若者の世代より年寄り世代のほうが多いので、若者へ市場の移行ができない構図が発生してしまっているのです。
そのため、かつては子供や若者が中心だったアイドルファンが、最近はおじさんやおばさんたちが中心になっているという不可思議な現象も起こっています。
このことは別に書く機会を得たので、ここまでとします。

AKB48グループ改革案④:メンバーの数を減らす

個人的に1番現実的な対策がAKB48グループメンバーの数を減らすことだと思います。
現在、AKB48グループメンバーの人数は300人を優に超えており、メンバーが多すぎて運営スタッフの管理が行き届かない状態になっています。
このことは、今回の問題における最大の原因と言えるでしょう。
メンバーが多すぎるという問題に対しては、運営スタッフを増やすという案もありますが、それも限界があるでしょうし、これだけ多くの人をメンバーにすれば問題があるようなメンバーだって入りやすくなるわけで、今回の問題でもそういったことが背景にあるとの話もあります。

先日、テレビ番組でHKT48メンバーの指原莉乃さんが、50人以上いるHKT48メンバーに対しマネジャーは8人であると発言していました。
もちろん、芸能事務所に所属している人は別途他のマネージャーが付くのでしょうが、いずれにせよ若い女性メンバー50人を8人で管理するのは無理がありすぎます。
このように現在のAKB48グループのメンバーは、少し減らさないとどうにもならないレベルにまで達していることは明らかだと思います。

しかしメンバーを減らすと言っても、1度入ったメンバーを強制的に辞めさせるわけにもいきませんし、5年間オーディションを開催しないなどの対策を行えば、その後に入ったメンバーと元々在籍していたメンバーの世代間ギャップが大きくなり、グループが崩壊しかねないような状況を招くかもしれません。
そこで私が考える案はこういうものです。

『現在のAKB48グループメンバー全員を対象に、再オーディションを実施』

各都道府県代表のチーム8は除くとして、AKB48グループ全メンバーを対象にオーディションを実施し、各グループ1チーム体制のメンバー20人程度にまでに絞り込むというのが私の考える具体案です。
1グループ20人程度なら、ある程度まともな管理やケアができると思います。
ただしこの対策を行っても、6グループ×20人の120人+チーム8メンバーと200人弱のメンバーが残るため、チーム8を含めグループ自体も少し減らしたほうがいいかと思います。
個人的には、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48の4グループ+チーム8の概ね130人体制ぐらいが限界なのではないかと考えます。

以上が私が考えたAKB48グループの抜本的改革案となります。
AKB48グループ運営陣には、こういった根本的な対策を”メンバーがファン殺される前”に実施されることを願います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました