女系天皇を認めるべきか?男系男子の継承を続けるべきか? 天皇の継承問題について

社会
この記事は約5分で読めます。

天皇陛下が、天皇を生前退位する意向を示しました。
明治以降、天皇が生前に退位することはなかったので、この報道が出たときは多くの人が驚いたものと思われます。
私の場合は、天皇の継承問題、特に女系天皇を認めるかどうかという記事を書き進めている最中だったので、その驚きはより一層大きなものでした。

天皇の継承問題は、愛子内親王が生まれて以降、女系天皇を認めるかどうかの問題が盛んに議論されました。
その議論は、悠仁親王が生まれことで一気に沈静化し、現在ではほとんどされることはありません。
悠仁親王が生まれ問題が解決したかのような議論の収束っぷりでしたが、悠仁親王が生まれたからといっても根本的な問題の解決には至っていないはずです。
男系の血筋は事実上、悠仁親王しか繋いでいくことはできず、極めて危うい男系男子の天皇継承と言わざるを得ません。
そして、そもそも悠仁親王が生まれるずっと以前から、皇室は若い男子が極端に少ないという異常事態でした。
この問題は最近突然現れたわけではなく、江戸時代中期から今日までの長い期間をかけて現れてきた大問題であり、2000年に渡る天皇家最大の危機なのです。

以下、1つ1つ説明します。

今上天皇(平成天皇)の子供には男子は2人いるが、1つの家系の男系継承は絶望的である。
昭和天皇の子供には男子が2人いるが、1つの家系の男系は途絶えている。
大正天皇の子供には男子が4人いるが、3つの家系の男系は途絶えている。
明治天皇の子供には成人した男子が1人しかいない。
孝明天皇(明治天皇の父)の子供には成人した男子が1人しかいない。
仁孝天皇(孝明天皇の父)の子供には成人した男子が1人しかいない。
光格天皇(仁孝天皇の父)の子供には成人した男子が1人しかいない。
そして、光格天皇は東山天皇から3世(ひ孫)離れて継承された天皇である。

要約しますと、光格天皇から明治天皇まではご子息に成人男子が1人しかおらず、後の天皇以外で成人した男性皇族は1人もいないのです。
大正天皇以降は皇太子以外の男性皇族が誕生しましたが、どういう訳かその子孫たちは女性が多く、男系の筋は悠仁親王を除き事実上途絶えています。

以上のことを踏まえると、万が一、悠仁親王の子供として男子が生まれなかった場合、男系男子で天皇を継承しようとするなら、もっとも近くても東山天皇の家系まで遡って男系男子を探してくるしかありません。
そうなると、天皇からおよそ10世、年数で言えば400年弱も遡った血筋の天皇が誕生することになってしまいます。
現行の皇室典範では、天皇から4世(玄孫)以上離れた皇族は皇族の身分を離れることになっているので、悠仁親王を除き男系男子で天皇を継承することは現実的に不可能です。

コメント

  1. かみかわ より:

    遺伝子で 皇統繋ぐ 度胸なし 日本会議が 全てを決めん 言いなりの 陛下だけしか 認めない それなら生身の 人の用なし
     ロボットを 陛下と仰ぐ 日も近し 意思も心も 邪魔な感情

Translate »
タイトルとURLをコピーしました