天皇の継承問題について② 国民統合の象徴にふさわしい天皇とは?伏見宮家に関わる疑惑とは?

社会
この記事は約6分で読めます。

前回の『女系天皇を認めるべきか?男系男子の継承を続けるべきか? 天皇の継承問題について』の記事に多少反響があったので、継続記事を書きたいと思います。

女系天皇を認めるべきか?男系男子の継承を続けるべきか? 天皇の継承問題について
天皇陛下が、天皇を生前退位する意向を示しました。 明治以降、天皇が生前に退位することはなかったので、この報道が出たときは多くの人が驚いたものと思われます。 私の場合は、天皇の継承問題、特に女系天皇を認めるかどうかという記事を書き進めてい...

前回の記事でも書いたように、男系男子による天皇継承は現在極めて危ない状況にあります。
現実的に男系の血筋を繋げることが可能な男性皇族は悠仁親王しかおらず、もし悠仁親王と御成婚された方が子供を産めなかったら、その時点で現皇族における男系の血筋は途絶えてしまうのです。(悠仁親王と結婚される女性は妊娠できるかどうかなどの医学的な調査などが入るのかもしれませんが)
男系男子による天皇継承の危機を分かりやすくするため、もし悠仁親王の子供に男子が生まれなかったらと仮定して、以下で問題を探っていきたいと思います。

悠仁親王に男子の子供が生まれなかった場合の天皇継承は、3つのパターンが考えられます。

1、旧宮家を復活させる
2、現行天皇からできるだけ近い男系男子を探す
3、女系天皇を認める

この3つのパターンについて、1つ1つ問題を見ていきます。

1、旧宮家を復活させる

第二次世界大戦終時点で日本には14の宮家が存在していましたが、1947年に11の宮家が皇籍を離脱することとなりました。
このとき離脱した宮家を俗に旧宮家と呼びます。
この旧宮家は全て伏見宮家という宮家から派生した家系で、遡れば今上天皇から22世代前の北朝3代崇光天皇へと至る家系です。

この旧宮家へ天皇継承がされた場合、まず問題となるのが天皇(崇光天皇)と家系的に離れすぎているという点です。
旧宮家にいる男系男子の嫡子は現時点で崇光天皇の20世孫であり、悠仁親王の後の天皇継承となると22世以上離れた家系となります。
過去の天皇継承は基本的に旧天皇から3世以内で、5世での継承が1例だけという事実と考えると、22世はさすがに離れすぎと言えるでしょう。
特に旧天皇から5世離れて継承した古墳時代の26代継体天皇(西暦451年~531年)は、存在が確実視される最初の天皇なので、現実的に天皇は3世以内でのみ継承されてきたわけです。
6世や7世での継承なら議論の余地もあるでしょうが、22世は過去の例と比べるとあまりにも違和感があります。

これだけでも十分問題があると思うのですが、伏見宮家の家系にはもう1つの大きな問題があります。
それは、

コメント

  1. かみかわ より:

    染色体 護るが目的 なのならば 代理出産 精子ばらまき 物語 後で作れば 良い事と 男子継承 覚悟を決めて 男子をば 産んだ 女性を 妃にし 賛成万歳 男子継承 さすがにと 躊躇うならば 男系は 諦めたるが 答えとならん

  2. 匿名 より:

    男系なんて言うのは側室制度があったから存在できたもの。
    現に外国の王室は側室制度の廃止と同時に女系を認めている。
    日本の皇室も側室制度をやめた時に女系天皇を認めるべきだった。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました