安倍晋三首相が建国記念の日を祝して国民へメッセージを送ったことへの根本的な批判

この記事は約2分で読めます。

本日、建国記念の日を迎えるにあたり、安倍晋三首相が国民へメッセージを送ったそうです。
建国記念の日に国民へメッセージを送った首相は初めてだとのことです。
このことは、残念ながら批判しざるを得ません。

このことの何が問題なのか?

そう思う人も多いでしょう。
まず、建国記念の日に国民が日本という国について深く考えることはいいことだと思います。
また、国のトップが国民に向けてメッセージを送る日としても建国記念日(2月11日の建国記念の日ではなく、広い意味での建国記念日)は適切でしょう。
では何が問題かというと、それは本日2月11日が建国記念の日であるということです。

建国記念の日は、もちろん日本が建国された日なわけですが、その日付は、日本書紀に書かれた初代の天皇である神武天皇の即位日『辛酉年春正月、庚辰朔』という文章を元に、明治時代5年になって現代の暦に直して算出されたものです。(当時の名前は紀元節)
天体の動きを考慮し計算した結果、日本建国の日付は紀元前660年の2月11日だと結論づけられました。
しかし神武天皇という人は、親が神様というあくまで神話の中の人物です。
実際に、実在が確認できる最初の天皇は4世紀の応神天皇からで、それ以前にも天皇家が権力を持っていたかもしれませんが、紀元前660年に天皇家が生まれたという説と比べると1000年近くもの開きがあり、紀元前660年の2月11日が日本の建国とするのはあまりにも非現実的なのです。

そもそも紀元節ができた当時の日本人は、誰一人として2月11日が日本建国の日だなんて思っていなかったはずです。
そして、このような神話をモデルに建国記念日を制定している国は世界的に見ても日本と韓国だけなのです。

天皇家は応仁天皇から数えても、現存する世界最古の王朝です。
この歴史でも十分世界に誇れるはずなのに、なぜ紀元前660年などという非現実的な年数を表に出してくるのでしょうか?
こんな滅茶苦茶な日付設定がまかり通るなんて、何でもかんでも起源が自分の国だと言っている国と同じようなものです。
そして、この日本建国が2月11日であるということは、ある意味当事者であるはずの皇族までもが批判していることなのです。
このことを、日本人はもっと重く受け止めるべきかと思います。

スポンサーリンク
『とある日本人の社会問題批評』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

  1. サイレントディール より:

    この建国記念日の制定についての根拠はあいまいであるとワシは思う、3さんの言う通り応仁天皇の時代の2月11日なら話はわかるのだが、推測だが天皇制に移行する際に天皇家自体の神格化がなされており遡れない神話期のものに設定されたのでは無いかと思います。
    現代的に解明されている所の落としどころなら奈良時代に設定すると信憑性があるかもしれません、その当時なら全体的な日本という国家ではないにしろ、社会的構成要因である冠位十二階などの法制定がなされた時期ですので現代ではそのほうが合致しているかもしれませんね。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました