天皇制についての議論促進! 女系天皇を認めなければ天皇制の維持は不可能なのではないか?

社会
この記事は約8分で読めます。

来年の4月30日で『平成』が終わるということで、今年は何かと『平成最後の○○』という言葉が使われました。
このことが示すことは、平成天皇が譲位するということです。
平成天皇が2年前の夏に譲位の希望を表明した後しばらくは、天皇に関する議論も盛んに行われていたのですが、最近はそのような議論がほとんど行われていません。
私が以前に書いた天皇に関する記事も、当時は某掲示板で取り上げられ、それなりに話題となったのですが最近はあまり見にくる人を少ないようです。

現在、天皇家で男系の血筋を繋げられるのは、悠仁親王しかおらず、女性皇族も少なくなる一方です。
そのため、女系天皇を認めるか、または女性宮家を創設するかなどについて、決めなければいけない時間的猶予が迫っています。

にも関わらず、なぜ天皇に関する議論が進んでいないのでしょうか?

私はこのことに大きな疑問を感じているので、平成最後の大晦日に、天皇の問題、主に女系天皇の問題を取り上げたいと思います。

まず、天皇に関する議論をする際に、日本の天皇家は2000年、場合によっては2500年続いているなどと主張をする人がいますが、これは神話の中の人物である初代天皇の神武天皇から数えたもので、信ぴょう性を伴うものではありません。
日本では、建国記念の日も神武天皇が即位したとされる神話の話をもとに制定されていますが、建国記念日に神話の話を採用しているのは、世界でも日本と韓国ぐらいなものです。
こういった神話を丸々信じての議論を進めることは、さすがに根拠に欠けると言わざるを得ないでしょう。

明治天皇の女系の子孫(正確には恒久王妃昌子内親王の子孫)である作家で、天皇家は2000年以上続くことは確実など主張している人物がいますが、その人は一方では韓国を激しく批判しています。
韓国がよく行う“何でも起源論”などについても、頭おかしい国などと批判しているのですが、一方で自身は神話部分の天皇家の家系を信じているのです。
これは、本来なら完全に相容れない考えで、自己矛盾を起こしていると言えます。
またその人物は、女系天皇も強く反対していますが、神話の話をするのなら天皇の祖先である天照大御神が女性の神であり、この点でも自己矛盾が起きてるのです。
天皇関連の討論番組などにこの人物はよく呼ばれているのですが、ハッキリ言ってこの人は討論に参加するに値しないので、天皇論についての話をするテレビ番組などには呼ばないようにしていただきたいと思います。

天皇家に関するを議論をするなら、歴史的事実を伴ったことを前提に議論を進める必要があるかと思います。
実際に天皇家の家系が続いていると思われるのは、継体天皇(推定在位:507年3月3日~531年3月10日)からであり、このことを前提として話を進めなければなりません。
それ以前の天皇及び天皇家の家系に関しては、男系女系以前に、実在すらも不確実となっています。
そもそも文字がない状態では長い歴史を残すことは不可能なので、日本で初めての書物と呼ばれる記紀が書き始められる少し前からしか日本の歴史はわかっていないのです。
ただし考古学や歴史的な見地から、弥生時代までは日本全体をまとめるような王朝はいなかったものと考えられています。

いずれにせよ、天皇家は1500年近くに渡って続く家系で、更に男系で繋いできた家系であるということがほぼ確実視されています。
更に直系が優先され、天皇の三世孫(天皇の子の子の子)までで継承されてきました。
つまり天皇家として認められる人は、親か祖父か曾祖父が天皇である男系の男子が条件ということです。
現在において、親、祖父、曾祖父が天皇である男系男子皇族は、

皇太子である徳仁親王(父親が平成天皇)
秋篠宮の文仁親王(父親が平成天皇)
文仁親王の子である悠仁親王(祖父が平成天皇)
常陸宮の正仁親王(父親が昭和天皇)

の4人だけで、年齢的に今後子孫を残せるのは悠仁親王のみとなっています。
これは、女系を認めなければ天皇家が継承できないことを意味すると考えて差支えがありません。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました