新型コロナウイルス肺炎についての今後の展望

医学
この記事は約2分で読めます。

↓先に以下の記事をご覧ください。

新型コロナウイルス感染者の死者数増加率推移からみる今後の予想
当ブログでは、過去に新型コロナウイルスの危険度を、そこまで高くないので騒ぎを起こさないようにと促してきたが、この場を借りてその考えを撤回させていただきたい。 新型コロナウイルスの感染に関して、不要な混乱や必要以上の経済活動の停止を...

新型コロナウイルスによる肺炎が世界中に広がっている。更に1度症状の回復した人が再感染したという例も複数報告されていることから、この新型コロナウイルスの感染力がかなり高いと想定される。
気温の上昇と共に北半球での感染の広がりは落ち着くと思われるが、今後はインフルエンザのような通年型の感染症になる可能性も捨てきれない。
こんな危険なウイルスが毎年のように流行するなんて恐怖に感じる人もいるかもしれないが、実際に新型コロナウイルスによる肺炎が通年型の感染症になったらどうなるのだろうか?

おそらく世界の人々は、特にマスクをすることもなくイベントを中止することもなく、普通に生活しはじめるだろう。

通年型のウイルス感染症で、新型コロナウイルスと同程度の危険度と思われるインフルエンザは、米疾病対策センター(CDC)の調べによると年間29.1万人~64.6万人の人が亡くなっている。このように毎年数十万人の人が亡くなる感染症があるのに、今日までほとんどの人はマスクをするわけでもなく、人が集まるイベントを中止するわけでもなく、普通に過ごしていたのが実態だ。海外ではマスクする日本人が異常に多いと面白おかしく報じていたほどだ。

つまり、新型コロナウイルスについて今騒いでいることに、意味など全くないのである。

意味があるというのなら、毎年同じように騒がなければならない辻褄が合わない。
結局のところ地球にはウイルスが普通に存在し、人類は感染症という危険と隣り合わせで生きているということだ。
その感染症に対する対策は、

・うがい
・手洗い
・マスクの着用
・適切な栄養補給

などといった至極当たり前のことをする他なく、ようは普段から健康管理に気を付けろという話だ。そしてこのことは、感染症に限らず人間が長く生きていく上での共通した大事なことなのである。

今回の新型コロナウイルスによる肺炎は、感染症による恐怖よりも感染症に対して人類が如何に無知であるかを知らしめる結果になったようだ。

スポンサーリンク
『科学的知見』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました