対策を一切しなかった場合、新型コロナウイルスで一体どれぐらいの人が亡くなるのか?

医学
この記事は約3分で読めます。

新型コロナウイルスの流行第二波以降、我が国ではこの感染症をさして危険ではないとする層が増え始めた気がする。中にはコロナ対策などなどしなくていいと主張する人までいる。
では、新型コロナウイルスに対して一切対策をとらない場合、どれぐらい被害が広がるのだろうか?

現在、全世界における新型コロナウイルスの累計感染者数は5400万人程で、最終的に1億人を超えることは確実と予想されている。
ここで重要なのは、

マスクの着用
社会的距離の確保
在宅勤務の推進
入国制限
都市封鎖

などといった、ありとあらゆる感染症対策をしているにもかかわらず、ここまで新型コロナウイルスが広がったという事実である。これほど感染力の強いウイルスに対し何の対策もしなければ、人から人へと留まることなく感染は広がっていくだろう。
60%の人が免疫を持てば新型コロナウイルスの感染拡大は収まるそうだが、上記したような対策がなければ、おそらく感染拡大はこの60%の感染を待つまで収まらないと想定される。現在社会における人の流れと新型コロナウイルスの感染力を考えれば、これが現実だ。
しかしこの情報は正しくない。なぜなら、新型コロナウイルスの免疫は数ヶ月で消えてしまうため、60%の人が1度感染をしても感染拡大は収まらないのだ。おそらく一切の対策を講じなければ、人類の80%程度までが新型コロナウイルスに感染してしまうことだろう。
地球の人口77億人の80%となると、およそ62億人、これが何も対策をしなかった場合の新型コロナウイルスの感染者数である。

では、死者数はどれくらいになるのだろうか?
現在、5400万人の感染者に対して死者数は131万人で、死亡率は2.4%である。感染から死亡までの時間的なズレを考慮すると、新型コロナウイルスの死亡率は2.5%以上になると思われる。上記で想定した感染者数62億人に2.5%をかけると1.5億人であり、新型コロナウイルスは地球上から1.5億人程度の人の消し去る能力を有していると想定出来るわけだ。
しかし実際にこの程度の死者数で収まることはない。数十億人もの人が新型コロナウイルスに感染してしまうと、地球上の全病院が医療崩壊を起こしている状態になるので、まともな治療が受けられず死亡率は跳ね上がるのだ。また、感染の期間が長引くと2度3度と感染する人も増え、死亡率の上昇に拍車をかけるだろう。
仮に、現状の倍となる5%の死亡率となった場合、3億人程度の人が亡くなる計算となる。更に医療崩壊により別の病気患者も相当数亡くなると思われ、5億人程度が新型コロナウイルスの影響で亡くなるかもしれない。

新型コロナウイルスなんて大したことのないと主張する層は、人類があらゆる対策を講じているのに、多くの人がこのウイルスに感染し亡くなっているという事実をどう見ているのだろうか?
ひょっとして、宇宙人が飛来して新型コロナウイルスを消し去ってくれるとでも思っているのだろうか?

新型コロナウイルスにより多くの人が感染し、多くの人が亡くなったという事実を受け入れられないという人間は、もはやオカルト思想で人類の破滅を叫んだ宗教団体の信者と何ら変わりのない思考だと指摘せざるを得ない。

スポンサーリンク
『科学的知見に基づいた世界』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました