ユニクロをデートで着てはダメ? ユニクロに対する日本と海外のイメージの違い

生活・健康
この記事は約2分で読めます。

海外の反応サイトで日本の衣料店『ユニクロ』について話題になっていました。
ユニクロの服をデートの際に着ると(特に男性側が着ると)、相手から幻滅されてしまうという日本人の感覚について、外国人はとても不思議感じるそうです。

外国ではユニクロに対しそれほどネガティブなイメージはありませんが、日本人はユニクロのことを『比較的安価な大量生産品を売る衣料店』だと思っています。
そのため普段着として着る分にはいいのですが、デートの際に着る服としてはオシャレじゃないと見なされ、相手をガッカリさせてしまうのです。
ユニクロも最近はそれなりに良いものを作っているのですが、有名になった当初は『ユニクロ=安い大量生産品』というイメージがとても強く、ダサい人が着る象徴のような扱いを受けていました。
ユニクロ自身もそのことは理解していて、タグを見えないところに貼るなのど処置を行っていたほどです。
また、他人と服が被ることも多発するので、外で着るのが恥ずかしいというイメージがどうしても付きまとってしまいます。

ユニクロが本格的に海外展開したころは既に良いものを作り始めていた時期ですし、そもそも日本ほど店舗数が多いわけでもないので服が被るようなこともなく、海外ではユニクロに対しそれほどネガティブなイメージはありません。
むしろ東南アジアなどでは、日本のブランド力の影響もあり、ユニクロに対しポジティブなイメージが強いようです。

このように、ユニクロは日本国内と海外でのイメージに大きなギャップがあるのです。
いずれにせよ、日本人の恋人がいる外国人はデートの際にユニクロの服を避けた方が無難でしょうね。(;^_^A

ちなみに私が初めてユニクロで買った物は、コンバースのスニーカーです。
昔のユニクロは、普通に他ブランドの衣料品や小物なども売っている洋服屋でした。Σ(゚Д゚)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました