なぜこの歌が? 意外なミリオンセラーソング集

芸能
この記事は約6分で読めます。

日本にはシングルCD・レコードにおける多くのミリオンセラー楽曲がありますが、その中から何でこの曲が100万枚以上も売れたのだろうと不思議に思う楽曲を集めてみました。

1960年代

1968年1月からオリコンによる売上集計が始まり(俗にいうオリコンチャート)、ある程度正確なレコードの売上枚数が分かるようになりました。
ちなみに下記の黒ネコのタンゴは7枚目のミリオンセラーソングとなります。

黒ネコのタンゴ

歌った人:皆川おさむ
販売枚数:223.4万枚
発売日:1969/10/5

当時6歳の皆川おさむが歌った楽曲で、元はイタリアの童謡。

1970年代

1970年代には400万枚以上売れた伝説のレコード・およげ!たいやきくん が発売されました。

およげ!たいやきくん

歌った人:子門真人
販売枚数:457.6万枚
発売日:1975/12/25

フジテレビの子供向けの番組『ひらけ!ポンキッキ』で発表された楽曲で、発売から40年近い月日が流れても抜かれることのないシングルCD・レコード販売数記録の金字塔。

1980年代

1980年代はレコードが売れない時代と言われ、ミリオンセラーソングが登場することはとても稀なことでした。

ハイスクール・ララバイ

歌った人:イモ欽トリオ
販売枚数:104.3万枚
発売日:1981/8/5

フジテレビで放送されていたバラエティ番組『欽ドン!良い子悪い子普通の子』から誕生した3人組の楽曲。

1990年

ミリオンセラーが少なかった1980年代と違い、1990年代はCD(レコードからCDに変わった)が売れる時代となり、ミリオンセラーが連発する時代となりました。

おどるポンポコリン

歌った人:B.B.クィーンズ
販売枚数:164.4万枚
発売日:1990/4/4

言わずと知れた国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の主題歌で、当時はエンディング曲として使われていた。

1992年

CDが売れる時代となった1990年代は、変わったミリオンセラー曲もどんどん登場しました。

ガラガラヘビがやってくる

歌った人:とんねるず
販売枚数:140.8万枚
発売日:1992/1/24

とんねるずの18枚目のシングルで、フジテレビで放送されている『とんねるずのみなさんのおかげです』(現在はタイトルが変わっている)のオープニングテーマとして使われた。

1994年

1994年は東京パフォーマンスドールズの2人がミリオンセラーを遂げます。

恋しさと せつなさと 心強さと

歌った人:篠原涼子with t.komuro
販売枚数:202.0万枚
発売日:1994/7/21

今では歌手活動をしていたことすら感じさせない篠原涼子(当時は東京パフォーマンスドールズというアイドルグループに所属)と小室哲哉が組んだ楽曲で、アニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』の主題歌。

DA.YO.NE

歌った人:DA.YO.NE EAST END×YURI(from T.P.D.)
販売枚数:101.8万枚
発売日:1994/8/21

当時東京パフォーマンスドールズというアイドルグループに所属していた市井由理と、ラップグループのEAST ENDが組んだ楽曲で、日本初のラップ曲のミリオンセラー。
この他にも“MAICCA~まいっか”という楽曲がミリオンを達成している

ゆずれない願い/あの日の二人はもういない

歌った人:田村直美
販売枚数:109.2万枚
発売日:1994/11/9

読売テレビが放送していたテレビアニメ『魔法騎士レイアース』の主題歌。

1995年

上記の恋しさと せつなさと 心強さともそうですが、この時代は小室哲哉プロデュース曲が軒並みミリオンセラーとなっていました。

WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント

歌った人:H Jungle With t
販売枚数:213.4万枚
発売日:1995/3/15

フジテレビの音楽番組、『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』の司会者であったダウンタウンの浜田雅功が、トーク中に軽く小室哲哉に依頼してできた楽曲で、この他にも“GOING GOING HOME”という楽曲がミリオンを達成している。

1996年

1996年はウリナリから派生したポケットビスケッツや電波少年でブレークした猿岩石がミリオンセラーを遂げるなど、バラエティ番組から生まれたCDもヒットしました。

YELLOW YELLOW HAPPY

歌った人:ポケットビスケッツ
販売枚数:120.5万枚
発売日:1996/9/4

日本テレビのバラエティー番組、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から生まれたグループの楽曲で、この他にも“Red Angel”という楽曲がミリオンを達成している。

白い雲のように

歌った人:猿岩石
販売枚数:113.1万枚
発売日:1996/12/21

今や芸能界のトップを走る有吉弘行が、当時組んでいた猿岩石時代に発売した楽曲で、ヒッチハイクから帰ってきてすぐ猿岩石ブーム時に発売された。

1997年

1990年代は、アニメソングなどもミリオンセラーとなる時代でした。

めざせポケモンマスター

歌った人:松本梨香
販売枚数:112.7万枚
発売日:1997/6/28

言わずと知れたアニメ・ポケットモンスターの主題歌

1998年

1998年はポケットビスケッツに続きBLACK BISCUITSもミリオンセラー曲を発表し、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンは松本人志を除き皆ミリオンセラー歌手となっています。

タイミング

歌った人:BLACK BISCUITS
販売枚数:148.3万枚
発売日:1998/4/22

日本テレビのバラエティー番組、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から生まれた“ポケットビスケット”のライバルとして誕生したグループの楽曲。

1999年

1999年はだんご3兄弟や孫などの子供をテーマやターゲットにした曲がミリオンヒットとなりました。

だんご3兄弟

歌った人:速水けんたろう,茂森あゆみ,ひまわりキッズ,だんご合唱団
販売枚数:291.8万枚
販売日:1999/3/3

NHK教育テレビの『おかあさんといっしょ』で歌われた楽曲で、日本シングルCD・レコードランキング第4位

歌った人:大泉逸郎
販売枚数:112.9万枚
販売日:1999/4/21

さくらんぼ農家でアマチュア民謡歌手が、孫があまりにも可愛いために出した楽曲。

2000年代

CDの売れた時代は1990年代までで終わり、2000年以降はミリオンセラーは少なくなっていきます。

慎吾ママのおはロック

歌った人:慎吾ママ
販売枚数:111.7万枚
販売日:2000/8/18

他局の子供向け番組の流行語『オハー』をパクり慎吾ママ(香取慎吾)出した、業界掟破りの楽曲。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました