家で簡単に作れる『丼(どんぶり)』ランキング

食べ物
この記事は約3分で読めます。

10位:カツ丼

【手順】
1、ロース肉をフライ(とんかつ)にする
2、出来たとんかつに玉ねぎを加え割下で煮る
3、玉子で綴る
4、3をご飯の上に乗せる
5、出来上がり!

カツ丼は、カツを揚げる過程と、そのカツをカツ煮にする過程があるため二度手間となってしまいます。(揚がっているカツを買ってくれば解消出来る)
割下はめんつゆが利用出来ます。

9位:中華丼

【手順】
1、うずらの玉子を茹でてゆで卵にする
2、中華風のタレ作る
3、野菜と肉を炒める
4、3に2をかけ茹でる
5、片栗粉を加えとろみをつける
6、5をご飯の上に乗せる
7、出来上がり!

中華丼はうずらのゆで卵と中華風のタレを作るのが少し面倒で、0から作る人は多くないかもしれません。

8位:天津丼

【手順】
1、割った生玉子の中に野菜やカニカマなどを加え混ぜる
2、1を炒めカニ玉を作る
3、2とは別にとろみのある中華ダレを作る
4、カニ玉をご飯の上に乗せる
5、中華ダレをかける
6、出来上がり!

天津丼はカニ玉とタレを別々に作らないといけませんが、案外簡単に出来ます。

7位:天丼

【手順】
1、エビを剥き下処理を加える
2、野菜を手頃の大きさに切る
3、エビと野菜を天ぷらにする
4、出来た天ぷらをご飯の上に乗せる
5、上から天つゆをかける
6、出来上がり!

天丼は、天ぷらさえ出来ればあっという間に完成しますが、エビを天ぷらにする工程に手間がかかります。
かき揚げタイプの天丼のほうが若干簡単に作れるかもしれません。

6位:親子丼

【手順】
1、鶏肉と玉ねぎを手頃の大きさに切る
2、切った鶏肉と玉ねぎを割下で煮る
3、玉子で綴る
4、出来たものをご飯の上に乗せる
5、出来上がり!

親子丼を作るのにそこまで難しい作業はありませんが、卵で綴るのに若干のコツがいります。
割下もめんつゆで代用出来ます。

5位:牛丼

【手順】
1、牛肉と玉ねぎを手頃の大きさに切る
2、切った牛肉と玉ねぎを割下で煮る
3、出来たものを適量ご飯の上に乗せる
4、出来上がり!

牛丼は牛肉と玉ねぎを煮るだけなので比較的簡単に出来ます。
割下は、すき焼き用のものが使えます。
卵で綴る場合1手間増えますが、そこまで大変ではありません。

4位:鉄火丼

【手順】
1、マグロを手頃の大きさに切る
2、マグロをご飯の上に乗せる
3、上から醤油(わさび醤油)をかける
4、出来上がり!

鉄火丼に乗せるマグロは、刺し身用に切り分けられているものを買ってくれば1手間省けますが、鉄火丼にするには分厚すぎるので自分で切ったほうがいいかと思います。(ものによっては切り分けられているものでもそのまま使える)
ヅケにする場合は工程が1つ増え、時間もかかるので順位が下がります。

3位:うな丼

【手順】
1、市販のうなぎの蒲焼きを電子レンジで温める
2、温まったうなぎの蒲焼をご飯の上に乗せる
3、付属のタレを掛ける
4、出来上がり!

うなぎは基本的に蒲焼きにされた状態で売っているので、温めてご飯の上に乗せれば完成です。
タレがベタベタしているとことが若干難点です。

2位:海鮮丼

【手順】
1、刺身の盛り合わせをご飯の上にバランスよく乗せる
2、上から醤油(わさび醤油)を適量かける
3、出来上がり!

海鮮丼は買ってきた刺身の盛り合わせを乗せるだけなので、滅茶苦茶簡単に出来ます。

1位:しらす丼

【手順】
1、釜揚げしらすをご飯の上に乗せる
2、醤油(生姜醤油)を適量かける
3、出来上がり!

しらす丼を作る手間は海鮮丼とほとんど変わらないですが、しらすが数日程度買い置き出来る分、しらす丼のほうが気軽に作れるかと思います。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました