水原希子の炎上にみる在日問題とその解決策

社会
この記事は約4分で読めます。

モデルの水原希子さんが、国籍に関わる問題をツイッターで批判されたようで、ネットニュースになっていました。
彼女は度々日本の保守層に叩かれることがり、SNSで炎上しています。

水原希子さんはアメリカ人の父と在日韓国人の母の間に生まれ、国籍はアメリカとなっています。
本名はオードリー・希子・ダニエルといい、国籍的にも人種的にも日本人ではありません。
そんな人間が日本の問題についていちいち口出しするなというのが、保守層の言い分なのでしょう。

彼女が日本人風の名前などを使って活動しているという問題もありますが、アメリカで生まれた後すぐに日本に渡り、日本の教育を受け(在日系の学校出身者ではない)日本で育ってきたのですから、日本の問題に対して思うことも普通にあるはずです。
そして思ったことを言うことは(個人への誹謗中朝などでない限り)自由だし、芸能人が芸名を使うことにそこまで大きな批判もないはずです。
ですので、彼女が日本の問題について発言することに対し、批判をするのは見当違いであると指摘せざるを得ません。

そもそもこの問題は、日本が長年避けてきた在日韓国人・在日朝鮮人(以下、在日)に関する問題であり、誰か1人に文句を解決されるような問題ではないのです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました