意外に知らない日本にある15種類の天気

環境
この記事は約2分で読めます。

今年は大雪に見舞われましたが、皆さんは日本にある一般的な15種類の天気を知っているでしょうか?

15種類の天気?

日本の気象庁では、一般市民向けの気象情報には以下の15種類を用いている。

出典 天気 – Wikipedia

以下、その15種類の天気を紹介します。

快晴

空全体に対して、雲の占める面積が2割未満の状態。

晴れ

空全体に対して、雲の占める面積が2割以上9割未満の状態。

薄曇

雲の占める面積が9割以上で、巻雲、巻積雲または巻層雲が多い状態。

曇り

雲の占める面積が9割以上の、上記以外の状態。

煙霧

黄砂・煙または降灰があって、視程が1km未満になっているか、全天がおおわれている状態。

砂塵嵐

砂じんあらしのため、視程が1km未満になっている状態。

地吹雪

地ふぶきのため、視程が1km未満になっている状態。

霧または氷霧のため、視程が1km未満になっている状態。

霧雨

直径0.5mm未満の細かい水滴だけが降っている状態。<

直径0.5mm以上の水滴が降っている状態。

みぞれ

雨と雪が混ざった降水の状態。

結晶状態の氷滴が降っている状態。

直径5mm未満の氷滴が降っている状態。

ひょう

直径5mm以上の氷滴が降っている状態。

過去10分以内に、雷電または雷鳴があった状態。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑な学問『脱・学問?』 環境


タグページでは『いろんなブログ』内にある様々なブログから共通話題の記事を探し出すことができます。
雑な学問『脱・学問?』をフォローする
著者紹介
雑な学問『脱・学問?』

名前:うんちく・D・トリビア
得意ジャンル:なし
苦手ジャンル:なし

【自己紹介】
ジャンル不問で雑学をまとめています。
役に立つ雑学もあれば、全く役に立たない雑学もあります。

ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。
雑な学問『脱・学問?』をフォローする
いろんなブログ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました