77年早生まれの思い出『春の雪』

ただの昔話
この記事は約2分で読めます。

昨日は、関東地方の都市部で季節外れの雪が降りました。
また、去年の4月には同じく関東地方の都市部で雪が降っています。

実は、この春の雪について77年早生まれの人間は強い思い入れがあります。
それは1988年、77年早生まれの人間が小学6年生のときの話です。

神

確か昭和最後の春だったね

77
77

去年の雪は平成最後!

この年は、学校が始まる4月8日に東京で降雪量9cmの大雪が降りました。
多くの人は、小学6年生のとき降った雪より1学年上の中学1年生のときに降った雪ほうが、強い思い入れがあるのではないかと考えることでしょう。
しかし、そうとも言い切れません。
なぜかというと、入学式を迎える新小学1年生のために、学校の最高学年となった我々が『雪かき』に駆り出されたのです。

こっちだって春休み明けの始業式という特別な日にもかかわらず、学校に行くなりいきなり雪かきをしろと言われ、寒い中これでもかというほど雪かきを行うことになったのです。
特にうちの学校は生徒数が若干少なかったので、この雪かきがなかなか大変な作業でとても記憶に残っています。

今となっては懐かしい思い出ですが、当時は何で自分たちが雪かきをしなくちゃいけないんだと憤りを感じました。
特に、前もって言われていたわけでもなかったので何の用意もしておらず、かなり寒かったと記憶しています。
それが原因なのか、後の私は極度の寒さ嫌いとなるのでした・・・(;^_^A

ファイティングコンピューター
ファイティングコンピューター

コーホー

↑『ロシアでは4月の雪なんて珍しくもなんともない!』と言っています。(;^_^A

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました