藤井聡太四段が今後挑戦する記録の一覧

将棋界の話題
この記事は約4分で読めます。

現在プロ入り後負け無しの27連勝中と話題沸騰中の将棋棋士・藤井聡太四段。
そんな彼が今後狙うであろう将棋界の記録の数々をまとめました。

藤井聡太四段とは?

生年月日:2002年7月19日
プロ入り:2016年10月1日
出身地:愛知県
師匠:杉本昌隆

※最年少でプロ入り後、1度も負けることなく快進撃を続ける注目の将棋棋士。

藤井聡太四段が現在獲得している記録

最年少プロ棋士記録

記録:14歳2ヶ月

以前の記録:14歳7ヶ月
以前の記録保持者:加藤一二三

プロ入り直後の連勝記録

記録:29連勝

以前の記録:10勝
以前の記録保持者:松本佳介、近藤正和

藤井聡太四段が今後目指す記録

最多連勝記録

現在の記録:29連勝
現在の記録保持者:神谷広志

◆2017年6月21日タイ記録達成!
◆2017年6月26日記録更新!

最年少棋戦優勝記録

現在の記録:16歳11か月(若獅子戦※)
現在の記録保持者:羽生善治

※若獅子戦は新人限定の棋戦

◆2018年2月17日、朝日杯オープンを15歳6ヶ月で優勝し記録更新!

最年少棋戦優勝記録(新人棋戦以外)

現在の記録:17歳(高松宮賞争奪選手権戦)
現在の記録保持者:加藤一二三

※新人限定棋戦以外での最年少優勝記録

◆2018年2月17日、朝日杯オープンを15歳6ヶ月で優勝し記録更新!

最年少タイトル挑戦記録

現在の記録:17歳10か月24日(棋聖戦)
現在の記録保持者:屋敷伸之

◆2020年6月8日、棋聖戦に17歳10ヶ月20日で挑戦し記録更新!

最年少タイトル獲得記録

現在の記録:18歳6か月(棋聖戦)
現在の記録保持者:屋敷伸之

◆2020年7月16日、棋聖を17歳11ヶ月で獲得し記録更新!

最短タイトル獲得記録

現在の記録:1年10ヶ月(棋聖戦)
現在の記録保持者:屋敷伸之

※プロ入り後最速でタイトルを獲得した記録

◇記録更新ならず

最年少A級棋士記録※

現在の記録:18歳3ヶ月
現在の記録保持者:加藤一二三

※将棋棋士の主戦場である順位戦と呼ばれるリーグの、最高リーグ戦に昇級した記録
※現在の制度的に藤井聡太四段の記録更新は不可能となっている

最多同時タイトル所持記録

現在の記録:七冠(全冠制覇、1996年)
現在の記録保持者:羽生善治

※複数ある将棋のタイトル戦を同時に獲得・所持する記録(現在タイトルが8つに増えているため記録の更新が可能)

最多タイトル数記録

現在の記録:99期
現在の記録保持者:羽生善治

同一タイトル連続保持記録

現在の記録:19期(王座戦)
現在の記録保持者:羽生善治

一般棋戦棋戦最多優勝数記録

現在の記録:45回
現在の記録保持者:大山康晴、羽生善治

※タイトルとなっていない将棋棋戦の優勝回数記録

A級在位記録

現在の記録:44期
現在の記録保持者:大山康晴

※将棋棋士の主戦場である順位戦と呼ばれるリーグの、最高リーグ戦に在籍した記録(順位戦のタイトルである名人位は記録に含む)

A級在位連続記録

現在の記録:44期
現在の記録保持者:大山康晴

※将棋棋士の主戦場である順位戦と呼ばれるリーグの、最高リーグ戦に連続で在籍した記録(順位戦のタイトルである名人位は記録に含む)

最年長タイトル保持記録

現在の記録:59歳11ヶ月(王将戦)
現在の記録保持者:大山康晴

最年長A級棋士記録

現在の記録:69歳4ヶ月
現在の記録保持者:大山康晴

※将棋棋士の主戦場である順位戦と呼ばれるリーグの、最高リーグ戦に在籍した最年長記録

最多勝利数記録

現在の記録:1433勝 1474勝
現在の記録保持者:大山康晴 羽生善治

最多対局数記録

現在の記録:2505局
現在の記録保持者:加藤一二三

現役期間最長記録

現在の記録:62年10ヶ月
現在の記録保持者:加藤一二三

最年長現役棋士記録

現在の記録:77歳5ヶ月
現在の記録保持者:加藤一二三

このうち、いくつの記録を獲得できるか楽しみですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました