邪道流将棋の極意③:駒損のすすめ

邪道流将棋の基本
この記事は約2分で読めます。

将棋の勝負のおける形勢は、主に

駒の損得
玉形
駒の働き

で判断されます。

しかし級位者にとって玉形や駒の働きによる形勢判断は難しく、結果、誰でも判断が付く駒の損得を過度に重要視してしまうのです。
その思考の盲点を突き、駒損しても相手の玉形や駒の働きが悪い状況を作れば、相手は自身のほうが有利だと考えながら、実際は自分のほうが有利(または互角に近い)という状況が生まれます。
これは相手の油断にも繋がる話で、邪道流将棋の基本的戦略の1つとなります。

極端な例を出します。

以上の局面図では、飛車損をしましたが、相手の玉をあらぬ場所までおびき出すことに成功しました。
当然ここまで極端な状況は起きませんが、駒損しながらも相手の囲いを崩したり、相手の駒を戦場から遠ざけたり出来れば良いわけです。
最初はなかなか指しづらいかもしれませんが、将棋の形勢は駒損だけで決まるものではないという気持ちを今まで以上に持ちながら指すことで、級位者の実力は著しく伸びていくはずです。

間違っても、駒得を目指しすぎて以下のような局面図にならないよう注意してください。(;^_^A

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました