フィーライン・トリビュート チキン アクティブシニアを与えてみた

食事
この記事は約2分で読めます。

うちの猫に、イースター株式会社から発売されているフィーライン・トリビュートというキャットフードを与えてみました。

普段はサイエンスダイエットの11歳以上用を与えているのですが、サイエンスダイエットはプラスチック使用量の削減のため2020年から小分けパックを廃止したことが1つのネックとなっていました。(小分けパックをやめたことにより、プラスチック使用量の57%削減できたそうです)
普段は容量が1.8kgタイプのものを買っているのですが、開けたばかりのときと比べ最後のほうは味が落ちるのか食付きが悪くなります。
特に夏は暑くなり食欲が落ちてくるので、開封から出来るだけ早く食べ切れるようにしたいものです。
そこで、昨年の夏などは容量の1番少ない800gタイプのものを購入していたのですが・・・

先日、いつも買っているサイトでサイエンスダイエットの11歳以上用が売り切れており、Amazonを覗いてみると、なんと800gタイプのものが1690円もしました。😲
今まで1.8kgのタイプのものを2000円前後で買ったいたので、ほぼ倍になっている計算になります。
いくら円安や戦争による原材料の高騰などがあったとしても、この値上がり方は異常です。
同じサイエンスダイエットの別タイプ(800g容量)のものを調べてみると、14歳以上用が846円、7歳以上用が927円だったので、明らかに11歳以上用だけがおかしな値上がり方をしているのです。
これではさすがに購入することは出来ません。😭

そこで、別のキャットフードを探すことにしました。
夏場は本当に食欲が落ちるので、食付き的にイマイチなサイエンスダイエット以外のものが候補となります。
そんな中で見付けたのが、イースター株式会社のフィーライン・トリビュートというブランドでした。
フィーライン・トリビュートは、日本産で肉の比率が高いことが特徴で、年齢に合わせ『チキン アクティブシニア』というタイプを購入しました。

成分的にはサイエンスダイエットほどの良さは感じませんが、食付きの部分ではサイエンスダイエットよりも良くなるでしょうから、夏場に限ってはこちらのほうが猫にとって良い食事になると思います。
そして実際に与えたら、明らかにサイエンスダイエットの11歳以上用よりも喜んで食べていました。
今後はサイエンスダイエットはもちろん、その他のペットフードの価格推移も考慮しながら、より良いキャットフードを選んでいきたいと思います。

ちなみに、うちの猫は16歳になりましたが、相変わらず元気に家中を駆け回っています。😅

スポンサーリンク
高齢猫を飼うということ食事


タグページでは『いろんなブログ』内にある様々なブログから共通話題の記事を探し出すことができます。
高齢猫を飼うということをフォローする
著者紹介
高齢猫を飼うということ

名前:白猫の飼い主
今まで飼ったネコの数:5匹 

【自己紹介】
1994年から猫を飼い続けること四半世紀・・・
動物看護士だとか愛玩動物飼養管理士1級だとか資格を持っていたので、多少は猫などの動物について知識があると思います。

【現在飼っている猫紹介】
名前:シロ(なぜか、ちーちゃんと呼ばれている)
性別:メス(避妊)
生年月日:2006年5月22日(仮)
性格:暴れん坊

ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。
高齢猫を飼うということをフォローする
いろんなブログ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました