食欲の低下した猫に『和の究み セレクトヘルスケア 腎臓ガード チキン味』を与えてみた話

食事
この記事は約2分で読めます。

うち猫がサイエンス・ダイエットの14歳以上用を食べない問題で、『懐石zeppin 15歳からの5つの優しさ 腎臓ケア』という食いつき重視のキャットフードを混ぜ与えるようにして、ある程度食べてくれるようになりました。
今後はサイエンス・ダイエットの11歳以上用に戻す予定ですが、11歳以上用もそこまで食いつきが良かったわけではないので、今後もこういった食いつき重視のキャットフードを、食べ残し対策や少量与えるおやつとして使っていこうと思います。

しかし恒久的に使うとなると、この『懐石zeppin 15歳からの5つの優しさ 腎臓ケア』は考え物です。
なぜなら、このキャットフードには着色料(食用赤色3号、食用赤色102号)が入っているのです。
そこで食いつきが良さそうで、着色料の入っていないもっと別のキャットフードはないかと探してみたら、ちょうどいいものがありました。

それが、

JPスタイル 和の究み セレクトヘルスケア 腎臓ガード チキン味

というキャットフードです。

『懐石zeppin 15歳からの5つの優しさ 腎臓ケア』は20gごとの小分けパックで、少量ずつ混ぜ与えても傷まないところがお気に入りでしたが、こちらも25gごとの小分けパック(200g用の場合)なので混ぜ与えるのに最適です。
それに腎臓へのケアもかなりされているようなので試しに購入してみました。
早速(本日)猫にあげてみたところ、最初はなかなか食べようとしませんでしたが食べ始めたら普通に食べました。
『懐石zeppin 15歳からの5つの優しさ 腎臓ケア』に比べると食いつきが良くないですが(今日は暑かったので食力がないだけかも)、今後こちらのキャットフードも使っていこうと思います。

ちなみに、チキン味の他に『かつお味』と『チキン味とかつお味』と2種類が混ざったものの3パターンあるそうなので、購入を考えている方は好みに合わせて使ってみてください。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました