私が高級プレミアムフードを利用しないわけ

食事
この記事は約3分で読めます。

近年、ペットフードも健康志向、高級志向となっています。
そんな中で注目を集めるものが、1.5kgで5000円近くもする高級プレミアムフードで、具体的なもの(キャットフード)としては、

カナガン
モグニャン
ジャガー

などがあります。
しかし、私は現在も過去もこういった高級プレミアムフードを利用していません。
今回は、その理由を説明していきたいと思います。

通常、売っている場所が少ないことが高級プレミアムフードを使わない最大の理由いなるのでしょうが、私はキャットフードをインターネットで購入しているので、この点については特に問題ではありません。
私が高級プレミアムフードを使わない理由は、値段が高いことも当然ありますが、何よりも実態がよく分からないことにあるのです。
材料を厳選しているであろうことは理解できるのですが、いかんせん使っている人が少なく(流通量が少なく)、実態が掴みきれないところがあります。
ネット上では、高級プレミアムフードを使った感想の記事がそれなりに見つかりますが、それがどれもステマ(ステルスマーケティング)に思えてしまい、実際に上記した3種類のキャットフードはホームページからしてステマ感があります。

Just a moment...
Just a moment...
Just a moment...

上記のページを見ると、深夜に放送してるテレビショッピングの商品ページでも見ているかのようです。

この3つのサイト構成、めちゃくちゃ似ているなと思ったら、全部同じ会社が販売元(輸入元)となっていました。🙀
こういったところにも多少のキナ臭さを感じてしまいます。
ドライのキャットフードは、原材料や保証栄養分析値などについて100%メーカーの言うことを信じる他ありません。
粒状になってしまったら、何がどう使われているかなど消費者にはわかりようもないのです。
ですので、実際は良いキャットフードなのかもしれませんが(おそらくその確率のほうが高い)、多少なりとも怪しさを感じる販売元のキャットフードは無理に買うメリットも見出だせないわけです。

そういったこともあり、私は一般的な市場で流通しているキャットフードの中から、それなりに高級で健康志向なものをずっと選んできました。
このほうが、大当たりもしないでしょうが大外れもしない選択かと思います。
候補となるブランドは、サイエンスダイエット、ロイヤルカナン、ニュートロ、ピュリナ、アイムス、ファーストチョイスあたりです。
値段は1.5kgで1000円から2500円ぐらいまでの範囲で、高級プレミアムフードと比べれば1/5から1/2程度の負担で済みます。

現在、うちの猫の食事はサイエンスダイエットの11歳以上用を中心に、先々週から嘔吐対策のされたオールウェルというキャットフードも利用し始めました。
自分的には、それなりに満足の行く選択をしていると思います。😸

スポンサーリンク
『高齢猫を飼うということ』の最新記事
高齢猫を飼うということ食事


タグページでは『いろんなブログ』内にある様々なブログから共通話題の記事を探し出すことができます。
高齢猫を飼うということをフォローする
著者紹介
高齢猫を飼うということ

名前:白猫の飼い主
今まで飼ったネコの数:5匹 

【自己紹介】
1994年から猫を飼い続けること四半世紀・・・
動物看護士だとか愛玩動物飼養管理士1級だとか資格を持っていたので、多少は猫などの動物について知識があると思います。

【現在飼っている猫紹介】
名前:シロ(なぜか、ちーちゃんと呼ばれている)
性別:メス(避妊)
生年月日:2006年5月22日(仮)
性格:暴れん坊

ブログランキング

↑ ↑ ↑
更新励みになりますので、毎日の応援よろしくお願いします。
高齢猫を飼うということをフォローする
いろんなブログ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました