サイエンス・ダイエットキャットフードの11歳以上用と14歳以上用の違いについて

食事
この記事は約3分で読めます。

昨今のキャットフードは凄まじく多様化して、何を選んでいいか分からないという人も多いかと思います。
うちの猫の場合は、前回の記事で描いた通り、腎臓のケアを考えサイエンス・ダイエットのドライフーズを与えるようにしました。

高齢猫の腎臓を心配してキャットフードをピュリナからサイエンス・ダイエットに変えた話
高齢の猫を飼っていて上で1番気になることは、当然ですが健康面です。 特に高齢猫にとって気を付けなければならないことは、腎臓へのケアとなります。 うちの猫はまだまだ元気ではありますが、 多飲 食欲低下 などという...

このような健康面や生活面における分類の他、年齢による分類も増えてきています。
キャットフードの年齢分類が出始めた当初は、成長期である1歳未満用、成猫用、7歳以上の高齢猫用の3パターンが多かったのですが、現在は、11歳以上用やそれ以上の年齢用のものまで販売され、猫も人間と同じで高齢化の波が押し寄せていることが伺え知れます。

サイエンス・ダイエットのドライフーズも、7歳以上、11歳以上、14歳以上と3パターンの商品が展開されていることが分かりました。
ただ正直に言って、そこまで細かい年齢による食事の使い分けに大きな意味はないように感じます。
人間でも、60歳と70歳の食事に大きな違いがあるとは思えず、11歳以上用と14歳以上用のどちらを選んでも健康面に大きな差が出るとは思えません。
特にうちの猫は13歳と11か月ということ、11歳以上用でも14歳以上用でもどちらを選んでもいいような年齢なので、逆にどっちを買っていいか悩む材料になってしまっています。

商品の説明では、

【サイエンス・ダイエット シニア 11歳以上 高齢猫用 チキン(シニアプラス)齢猫用】

・ヒルズ独自の抗酸化ブレンド(ビタミンE&C、ベータカロチン)で脳の健康維持や敏捷性、注意力を保ちエイジングケア。
・マグネシウムの量、ミネラルバランスで腎臓と下部尿路の健康に配慮。
・タウリンを配合して心臓の健康をサポート。
・ビタミンEとオメガ3&6脂肪酸を含み、健康な皮膚と美しい被毛をサポート。

【サイエンス・ダイエット シニア 14歳以上 高齢猫用 チキン(シニア アドバンスド)】

・グルコサミン・コンドロイチン硫酸を含み、健康的な関節を維持。
・マグネシウムの量、ミネラルバランスで腎臓と下部尿路の健康に配慮。
・DHCを含み、健康で活発な運動能力の維持をサポート。
・タウリンを配合して心臓の健康をサポート。

と書かれています。
成分表は以下の通りです。

【サイエンス・ダイエット シニア 11歳以上 高齢猫用 チキン(シニアプラス)】

【サイエンス・ダイエット シニア 14歳以上 高齢猫用 チキン(シニア アドバンスド)】

この成分表を見ると、上記した説明の通り、11歳以上用のほうが脳の健康維持に良いとされるビタミンCとビタミンEの含有量が多くなっています。
一方、14歳以上用は、グルコサミン、コンドロイチン、DHAといった関節などに良いとされる成分が多く含まれます。
腎臓の問題であるマグネシウムやリン、心臓の健康に良いとされるタウリンの含有量には大きな違いはありません。

それ以外の大きな違いは、11歳以上用の主成分(もっとも多く含まれる成分)が鳥肉(チキン、ターキー)なのに対し、14歳以上用は穀物(トウモロコシ)となっていることです。
それと14歳以上用のほうが若干カロリーが高いのですが、これは年齢による食力低下などを考えているのかもしれません。
ただし、どちらの商品も猫における最大の栄養素であるタンパク質量に違いはないようです。

以上のことを踏まえると、脳のケアを考えたい人は11歳以上用、関節のケアを考えたい人は14歳以上用という使い分けで問題ないかと思われます。
結局それが分かったところでどちらを選んだらいいかの判断は付かないので、年齢通りに、今の11歳以上用のものがなくなりしだい14歳以上用に切り替えたいと思います。(既に14歳以上用を購入済み)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高齢猫を飼うということ 食事


タグページでは『いろんなブログ』内にある様々なブログから共通話題の記事を探し出すことができます。
白猫の飼い主をフォローする
著者紹介

今まで飼ったネコの数:5匹 

【自己紹介】
1994年から猫を飼い続けること四半世紀・・・
動物看護士だとか愛玩動物飼養管理士1級だとか資格を持っていたので、多少は猫などの動物について知識があると思います。

【現在飼っている猫紹介】
名前:シロ(なぜか、ちーちゃんと呼ばれている)
性別:メス(避妊)
生年月日:2006年5月22日(仮)
性格:暴れん坊

白猫の飼い主をフォローする
いろんなブログ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました