トラ柄とヒョウ柄の違いって? ネコ科動物の模様についてのまとめ

哺乳類
この記事は約5分で読めます。

もはやファッションの定番となっているトラ柄やヒョウ柄ですが、違いを絵で描いてみてと言われると意外に正確に描けない人が多いようです。
更にジャガーの柄やチーターの柄までを正確に把握している一般人はほとんどいないことでしょう。
ということでネコ科動物の柄について以下にまとめていきたいと思います。

トラ柄

トラ柄は縦の線が並ぶ縞模様です。
縦線が木と馴染むため、森林で生活するトラにとってはこの柄が好都合なのだと思われます。

ヒョウ柄

ヒョウ柄は胴体部分は小さな円模様あるいは花びら模様で、顔や足に近づくに連れ円模様は小さくなり、ただの斑点模様になります。
草原ではこのような模様の方が目立ちづらいのでしょう。

インターネットなどを見ているとトラ柄とヒョウ柄を混同している人も多く見受けられますが、実物のトラとヒョウの柄は違いが分かる分からないどころか似ても似つかないぐらいの違いがあります。
以上のことから、人は意外にネコ科動物の模様を曖昧にしか記憶していない可能性が考えられます。

他のネコ科動物の模様も見てみよう!

ということで、トラとヒョウ以外のネコ科動物の模様も確認していきましょう。

ジャガー

ジャガーはヒョウより大きな円模様で、その中に小さな斑点模様が入ります。

チーター

チーターの模様は細かな斑点模様のみです。
また、顔の近くには模様が少なくなっています。

ユキヒョウ

ユキヒョウはヒョウよりも大きな円模様ですが、あまり模様がハッキリしていません。
ユキの中ではハッキリしすぎる模様は目立ってしまうのかもしれません。

ウンピョウ


photo credit:ウンピョウ (Clouded Leopard) by Toshihiro Gamo

ウンピョウは1つ1つがとても大きな円模様ですが、もはや円が曖昧になってきています

スペインオオヤマネコ


photo credit:Iberian Lynx full body by lynxexsitu

スペインオオヤマネコという大型のヤマネコはチーターと同じ斑点模様ですが、チーターほど模様がハッキリとしていません。

オセロット


photo credit:Ocelot by Marie Hale

中南米に棲むオセロットは大きめの円模様で、円の大きさはジャガーとウンピョウの間ぐらいです。

マーゲイ


photo credit:Gato do mato! Jaguatirica (+ fotos) by Ana_Cotta

オセロットと同じく中南米に棲むマーゲイは、模様もオセロットとほとんど同じです。

サーバル


photo credit:Serval by VSmithUK

アフリカに棲むサーバルは、チーターと同じ斑点模様ですが、1つ1つの模様がチーターより大きく間隔も開いています。

ベンガルヤマネコ


photo credit:Asian Leopard Cat {prionailurus bengalensis} by Drew Avery

アジアに棲むベンガルヤマネコは、写真では分かりづらいですが少し曖昧な形の斑点模様をしていて、細長い斑点模様から円状の模様まで個体によってかなりバラつきがあります。

突然変異種の模様もチェック!

ホワイトタイガー

ベンガルトラの突然変異種であるホワイトタイガーも、通常のトラ同様に縦線の模様は変わりません。

ゴールデンタビータイガー


photo credit:Dave Pape

とても珍しいトラの突然変異種であるゴールデンタビーは、全体的に色が薄く縞模様も薄くなっています。

マルタタイガー


photo credit:Photo by Mamapajama97 on Flickr.com, edited by uploader (colour of the animal)

アモイトラの突然変異種であるマルタタイガーは全体的に黒っぽいとても珍しいトラですが、縞模様に変わりはないと思われます。

※画像はマルタタイガーをイメージした合成写真です。

↓マルタタイガーについては以下の記事を参考にしてください。

伝説の黒い虎『マルタタイガー』は本当に存在するのか?
トラの色柄といえば黄色いに黒い縞模様ですが、動物園などで人気なホワイトタイガーと呼ばれる、白に黒い縞模様をしたタイプのトラも稀に生まれることがわかっています。 その他にも、あまり知られていないですが以下の画像にあるような、ゴールデ...

クロヒョウ、クロジャガー

ヒョウの突然変異種であるクロヒョウは、よーく見ると通常のヒョウと同じ模様が見て取れます。
ジャガーでも黒い突然変異種が生まれることがありますが、ヒョウと同じでよく見ると模様があることがわかります。

※画像はクロジャガー

キングチーター


photo credit:Cheetah in Charlie’s backyard by Steve Jurvetson

チーターでは稀に斑点模様が崩れた『キングチーター』と呼ばれる個体が生まれることが分かっています。

イエネコの紋様も見てみよう!

アメリカンショートヘアー

アメリカンショートヘアーの模様は、『の』の字模様(渦巻き模様)が定番です。

オシキャット


photo credit:Ocicat 13.06.07 015 by T. Bjornstad

オシキャットは細かいスポット模様になりますが、模様自体はそれほどハッキリはしていません。

ベンガル

ベンガルはイエネコに無理やりベンガルヤマネコと掛け合わせて生まれた種類なため、ベンガルヤマネコの模様を踏襲しています。

スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました