本橋麻里と藤澤五月、新旧人気カーリング選手の今後

スポーツ
この記事は約2分で読めます。

平昌オリンピックで銅メダルを獲得し帰国した日本女子のカーリーングチームが、大きな話題となっています。

彼女たちがメディアで取り上げられる割合は金メダルを獲得した選手以上で、今回のオリンピック選手の中でもっとも注目の的になっていると言っても過言ではないでしょう。
一部スポーツ紙では、芸能事務所が目をつけているとか、CMの出演依頼が殺到しているとの情報もあり、一種のフィーバー状態にまで発展しています。
中でもスキップという1番重要な役割を務める藤澤五月選手への注目が集まっており、オリンピック開催国の韓国ではオリンピック選手の10大美女としても紹介されました。

このように注目を集める女子のカーリングチームですが、日本で話題になったのは今回が初めてではありません。
今から12年前のトリノオリンピックのときもカーリング娘として日本中の注目を集め、特に本橋麻里選手は、愛称の『マリリン』と共に有名になりマリリンブームを巻き起こしました。
そんな本橋麻里選手には、芸能人やスポーツキャスターになるという選択もあったでしょうし、実際そういった甘い誘惑などもあったことでしょう。
しかし本橋選手そのような誘惑には乗らず真摯にカーリングに打ち込み続け、今オリンピックでもリザーブという役割で出場、オリンピックの出場回数は3回となり女子カーリング界の第一人者となっています。

そもそも今回オリンピック出場チームのLS北見(ロコ・ソラーレ北見)は、本橋選手が選手を集め作ったチームであり、チームキャプテンを務める他、半分コーチ的な部分もあったのかもしれません。
今オリンピックで日本のみならず海外でも話題となった藤澤五月選手は、ぜひ本橋麻里選手を見習ってカーリング打ち込み、今後のカーリング界を引っ張っていく存在になってもらいたいと思います。
間違っても、多くのオリンピック選手が進んだいったような、売れないタレントや中途半端なスポーツキャスターになるのだけは避けてもらいたいと思います。

スポンサーリンク
『エンタメ&スポーツを考えるブログ』の最新記事
スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました