絶滅危惧種

哺乳類

イリオモテヤマネコが2017年に“消滅”していたという事実

1年ほど前に『イリオモテヤマネコの嘘』と題して、イリオモテヤマネコに関する不都合な事実を記事にしましたが、その記事内ではイリオモテヤマネコを日本の固有種だと信じたい人に配慮して、あまり真実の追及ができていない部分がありました。 で...
爬虫類

今もっとも絶滅に近い動物・シャンハイハナスッポンについて考える

動物は誕生しては絶滅するを繰り返し、更に現在は、人間の活動が種の絶滅を含む地球環境にまで影響を持つようになりました。 そんな中、今もっとも絶滅に瀕している動物が『シャンハイハナスッポン』というスッポンです。 phot...
哺乳類

動物の分類学から考えるイリオモテヤマネコの嘘

イリオモテヤマネコは日本の天然記念物として、日本人に広く知られています。 しかし、日本の固有種と思われていたイリオモテヤマネコが、現在ではベンガルヤマネコの亜種として扱われていることはあまり知られていません。 なぜ今まで日本...
哺乳類

大きいクジラTOP10

大きい動物といえば、何をおいてもクジラです! その大きさは地上最大動物であるゾウの比ではありません!! 大きさの指標としてはもっとも適切なのは体重ですが、クジラの場合大きすぎて正確な体重がわからないので今回は長さによるランキ...
爬虫類

スッポンの大きさTOP5

亀は生息域や体の構造から4つのグループに大別することができます。 その1つが水(淡水)に著しく適応し柔らかい甲羅を持つスッポンで、東南アジア周辺にはかなり大きなスッポンがいることで知られています。 というわけで、大きい(最大甲長...
爬虫類

リクガメの大きさTOP5

亀は生息域や体の構造から4つのグループに大別することができます。 その1つが水場を離れ陸地に進出したリクガメで、その中でもゾウガメと呼ばれる2種は最大クラスの亀となります。 というわけで、大きい(最大甲長が長い)リクガメのランキ...
昆虫・虫

80年ぶりに再発見された謎の昆虫『ロードハウナナフシ』について

今回は珍種紹介としてロードハウ島に生息するナナフシ『ロードハウナナフシ』を紹介します。 ロードハウナナフシ(オス) photo credit:Lord Howe Island stick insect (Dryococe...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました