将棋

麻雀の競技性

頭脳系ゲームのルール変更歴

当ブログは、現在の麻雀ルール(リーチ麻雀のルール)を、より競技性があるものへと変更することを促しています。 そこで1度、麻雀以外の頭脳系ゲームで起こったルール変更についても調べていきたいと思います。 将棋 将棋系のゲームは...
麻雀の競技性

様々なゲーム(競技)の運要素を考える

前回の記事で麻雀とトランプゲームの大富豪(大貧民)の運要素について比較してみたので、他の様々なゲームの運要素についても考えてみたいと思います。 将棋 将棋は先手のほうが若干有利なのですが、その差は小さくプロ棋士の対局では...
頭脳系競技

将棋棋士の社会性について(佐藤天彦九段ノーマスク問題の解説)

将棋棋士の佐藤天彦九段が、順位戦A級リーグという将棋界の最高レベルの対局でマスクをせずに反則負けになるという問題が発生しました。 この問題は一般人にはわかりづらい事情が多数重なっているので、少し説明したいと思います。 この件...
頭脳系競技

AbemaTVと将棋界に対する苦言

将棋という文化が長く続き、将棋のプロ棋士が収益を得られているのは、将棋が高い格式を持っているからです。 将棋のタイトル戦が有名なホテルや旅館で行われることは、将棋に詳しくない人でも将棋や将棋棋士に対して尊敬の念をもっているからに他...
頭脳系競技

里見香奈女流の棋士編入試験から見える将棋界の問題点

棋士編入試験の資格を得た里見香奈女流四冠の動向が、将棋ファンの間で話題になっています。 将棋のプロには、男女を問わないプロ棋士(以下、プロ棋士という名前で統一)と女性に限った女流棋士(以下、女流棋士という名前で統一)の2種...
頭脳系競技

1三玉→3一金→9七銀にみる藤井聡太五冠の末恐ろしさ

現在、里見香奈女流四冠の編入試験に関することや将棋界に感じる問題の記事を書き進めているのですが、その前に昨日行われた第93期棋聖戦第2局『藤井聡太棋聖vs永瀬拓矢王座』の一局があまりにも驚愕の展開だったので、このことについて書いてい...
頭脳系競技

将棋棋士はYou Tube活動をやめるべき! 将棋界が目指すべきは閉ざされた世界?

前回の記事で大相撲界が開かれていないという問題を取り上げましたが、今回は同じ日本の伝統文化である将棋界(プロ将棋界)について、全く逆の観点で問題提起をしたいと思います。 ここ最近、将棋のプロ棋士がYou Tubeチャンネルを続...
頭脳系競技

藤井伝説はまだ序章に過ぎない! 藤井聡太棋聖が今後するであろう活躍について

将棋棋士の藤井聡太七段が、最年少でタイトル“棋聖”を獲得し、新型コロナウイルスの感染流行第二波が発生し混乱する日本で、あまり取り上げられないポジティブな話題として大きなニュースとなっています。 日本将棋連盟の佐藤康光会長などは、こ...
医学

将棋や囲碁で脳を使うと体重が減るという話は本当なのか?

ここ数年、将棋や囲碁のニュースがだいぶ増えてきたように感じ、プロ棋士がメディアに登場することも珍しくなくなってきたように感じる。そして、そんなプロ棋士たちが度々こんなことを言うのだ。 『1回対局を終えると体重が1kg~2kgも...
邪道流将棋の基本

『邪道流将棋の極意 もっとも早く初段になる方法』を書き終えて

私が将棋を覚えたのは小学生高学年の頃で、当時は結構好きでしたが休み時間に友達と指す程度でしかありませんでした。 その後は何かの拍子に指す程度で、テレビや新聞で将棋を見るのも気が向いたら程度だったと思います。 そんな希薄だった将棋...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました