英霊に噓をつき続ける靖国神社の矛盾

歴史
この記事は約3分で読めます。

本日、8月15日は終戦の日です。
戦死者が祀られている靖国神社では毎年この日は大騒ぎとなり、英霊が安らかに眠れる環境とはとても言えない状況です。
終戦の日である今日は、靖国神社について少し深く考えていきたいと思います。

日本における死者の儀式は、基本的に仏教が担っていることは日本人なら誰でも知っていると思います。
平安時代は貴族階級程度にしか仏教式の葬儀は行われていませんでしたが、鎌倉時代には庶民層にも広がり、江戸時代初期にはほとんどの国民が仏教式の葬儀を受けられるようになったそうです。
このように、日本での死者への弔いは歴史的に仏教が担ってきました。

にも関わらず、なぜ戦争で亡くなった人への弔いは、神道である靖国神社が行うのでしょうか?

普通に考えれば、戦争で亡くなった人も仏教的に弔うべきはずです。
100歩譲って神社で弔うとしても、戦死者の家の近くにある小さい頃から慣れ親しんだ神社で行うべきでしょう。

なぜ戦死者は、ほとんどの人が行ったことも見たこともない、更には歴史もない靖国神社に祀られなければならないのでしょうか?

コメント

  1. かみかわ より:

    靖国は 国を靖める 目的と 近代国家 伝統作り 神社には 名簿だけをば 祭りたり 遺体遺骨は 仏式葬儀

Translate »
タイトルとURLをコピーしました