シリーズ日本の第二次世界大戦② アメリカの参戦とハル・ノート

歴史
この記事は約4分で読めます。

前回も書いた通り、日本は満州事変以降、中国(中華民国)での戦火を拡大し国際的に孤立していきます。

1931年:満州事変勃発
1933年:国際連盟脱退
1937年:日中戦争勃発
1940年:日独伊三国同盟締結

このように、1931年の満州事変以降、日本の行動は国際社会の流れから逸脱していき、当然のように他国の間に軋轢が生じていきます。
特に軋轢が大きかったのがアメリカとの関係です。

日本とアメリカは太平洋を挟んで対峙しており、もし日本が東南アジアにまで進出すれば、アメリカとの太平洋の覇権争いが激化するのは必須となります。
そのため当時のアメリカは、日本に対して様々な経済制裁を行っていました。
このような問題を解決する目的で実施されたのが日米交渉で、1941年の4月から11月末日までこの交渉は続けられます。
当時の日本は石油のほとんどアメリカからの輸入に頼っており、また当時のアメリカは車を大量生産をしていたのでクズ鉄が大量にあり、これも日本が多く輸入していました。
このように資源の多くをアメリカからの輸入に依存していた日本は、アメリカと戦争をする訳にはいかなかったのです。
そもそも中国とアメリカと同時に戦争をすればどうなるかなど火を見るより明らかで、この日米交渉が戦争回避のための交渉だったことは明らかです。

日本は日中戦争勃発以降、軍事費が国家予算の70%を超え国民の生活が窮していました。
一方、当時のアメリカは5人に1人が車を持ち、週休2日制が導入されるなど国民の生活は豊かだったのです。
ニューヨークなどには1930年代から300mを超えるような超高層ビルが建ち並んでいたほどで、日米の国力の差は誰の目から見ても明らかでした。
このように国力の差から、日本の政府首脳はもちろん、精神論の中にあった軍の上層部たちですら、日本が“本気で”アメリカに戦争で勝てるなどと思う人は皆無に等しかったようです。
そのため日米交渉で日本側は妥協案を何度も模索するのですが、当時の日本は政治と軍部における法体系(統帥権など)に問題があったため、この妥協案は軍部によりなし崩しにされ、結果、交渉は決裂してしまいます。

しかし、この交渉は日本側だけに問題があったわけではありません。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました